神原李奈のプロフィール | キャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア - CA Media

3000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア

CA Mediaライター

神原李奈のプロフィール

かんばらりな

プロフィール・経歴

青山学院大学英米文学科を卒業後、日系航空会社の客室乗務員として4年間勤務。不規則な食生活から健康と食の強い結びつきを実感し、食の世界に興味を持つ。

退職後、大手料理教室の講師の経験を経て、得意だったパン作りを活かし、パン教室「りなぱん~手ぶらでおうちパン教室~」を開く。それと同時に栄養士養成専門学校に通い、栄養士免許を取得。

現在は、縁あって外資系航空会社で客室乗務員をしながら、栄養士として健康や食に関する情報を発信している。

ごあいさつ

はじめまして、神原李奈です。4年前からCA Mediaで執筆活動をしています。客室乗務員として、栄養士として、様々な視点から幅広いジャンルの記事を書いています。皆様のお役に立てれば幸いです。どうぞよろしくお願い致します。

世界のサービスを知りたい!ビジネスクラス搭乗記:【第3回】ハワイアン航空

世界には多くの航空会社があり、それぞれのサービスにはその航空会社の個性が垣間見えます。ここでは、世界のビジネスクラス搭乗記をご紹介します。今回は、ハワイアン航空のビジネスクラスでのフライトの様子をご紹介いたします。

CA(客室乗務員)の制服のポケット中には何が入っている!?フライトで必要な3つのマストアイテム

ほとんどのCA(客室乗務員)がフライトするうえで必ずと言って良いほどポケットに入れている物があります。その3つのマストアイテムとその理由をご紹介致します。

世界中を飛び回るCA(客室乗務員)が思う実は日本のここがすごい!3選

日本にいると当たり前に感じることが、海外に行くと当たり前じゃないこともたくさんあります。フライトで世界各国を訪れるCA(客室乗務員)だからこそ改めて感じた日本の素晴らしいポイント3つをお話します。

世界のサービスを知りたい!ビジネスクラス搭乗記:【第2回】エールフランス航空

CAだからこそ世界の航空会社のサービスの様子が気になります。ここでは、世界のビジネスクラス搭乗記をご紹介!今回は、AIR FRANCEのビジネスクラスでのフライトの様子をご紹介致します。

【わたしの働き方改革Vol.1】好きなことでダブルワークという働き方

今話題の「働き方改革」。最近では自分の生活スタイルに合った働き方を選べるようなってきました。ここでは実際に働き方を変えた現役&元CAの「わたしの働き方改革」をリレー形式でご紹介していきます。

現役CA(客室乗務員)も実践!ホテルの部屋を快適にカスタマイズする4つのコツ

ホテルの部屋を自分好みにカスタマイズすることで、滞在中の過ごしやすさが変わります。現役CAが、実際にステイの時に実践している快適な部屋作りのコツをご紹介致します。

CA(客室乗務員)イチオシ!旅先であると便利なお役立ちアイテムリスト

旅行へ行った際、現地で「これがあったら良かったのに」と思った経験はありませんか?わたしがいつもスーツケースに入れている旅先であると便利なアイテムをご紹介致します。

現役CA(客室乗務員)も実践!時短で簡単な効率の良いパッキングのコツ3つ

CA(客室乗務員)にとってパッキングは朝飯前と言っても過言ではありません。慣れもありますが、スムーズにパッキングするために工夫をしているのです。現役CA(客室乗務員)が実践しているパッキングのコツをご紹介致します。

贅沢な自分時間?CA(客室乗務員)のステイ先での過ごし方~のんびり海外ステイ編~

海外のステイ先でのCA(客室乗務員)はどんな1日を過ごしているのでしょうか。今回は、丸一日フリーな日の過ごし方をご紹介致します。

体型キープもCA(客室乗務員)の仕事!正月太りの原因と回避方法

誰もが経験をしたことのある、正月太り。体型を保つことも仕事の一つであるCA(客室乗務員)は、どのように工夫をしているのかご紹介致します。

お酒好きCA(客室乗務員)も気を付けている!楽しくお酒と付き合うために知っておくべきこと3つ

イベントにお酒は欠かせないもの。特にこの季節はわいわい集まってお酒を飲む機会も多いですよね。お酒好きCA(客室乗務員)も気を付けているお酒の飲み方についてお話します。

期間限定「ボヌールカフェ」にてバラを使った生け花ワークショップ開催

ヘアケアブランド「ダイアンボヌール (Diane Bonheur)」と、人気レストラン「グリル&ダイニング 用賀倶楽部」がコラボレーションし、期間限定でボヌールカフェをオープンしています。そこで開催された「いけばな松風」副家元の塚越応駿さんのワークショップに参加させていただきました。その様子をご紹介致します。

SCROLL