リゾナーレ那須は旅育にぴったり!稲刈り体験や森遊び、石窯ピッツァづくりなどアクティビティをレポート (2/2ページ) | キャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア - CA Media

3000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア

リゾナーレ那須は旅育にぴったり!稲刈り体験や森遊び、石窯ピッツァづくりなどアクティビティをレポート (2/2ページ)

清水 裕美子

日本初のアグリツーリズモリゾート「星野リゾート リゾナーレ那須」に、一泊二日で家族旅行に行ってきました。前編ではリゾナーレ那須の施設、稲刈りや農業体験、森遊びなど自然体験のアクティビティ、天井まで届くネット遊具やボールプールを備えた施設「POKO POKO」、石窯ピッツァづくりやコックコートを着た本格パティシエ体験について、リゾナーレがおすすめする「旅育」のポイントと共にレポートいたします。


年齢制限なし!家族みんなで楽しめる「石窯ピッツァづくり」

「POKO POKO」では石窯ピッツァづくりを体験することができます。


トッピング用の色とりどりの野菜はにはリゾナーレ那須ならでは!




まず、生地をお皿の大きさいっぱいになるまで手で伸ばしていきます。

石窯ピッツァづくりは年齢制限がなく、1歳8ヶ月の次男もパパと一緒にペタペタ生地を伸ばすのを楽しんでいました。




生地を伸ばしたら、周りを少し残してトマトペーストを塗り(こうすることで周りがサクッとした仕上がりになるそう!)、彩り豊かな野菜とチーズを自由にトッピングしていきます。





その後、スタッフの方が仕上げにオリーブオイルとチーズをかけ、専用の石窯で焼いて出来上がり。



約400度と高温の石窯なので、2~3分で焼きあがります。



所要時間はおよそ15分と気軽に楽しむことができるのに、味は本格的。


野菜そのもののみずみずしさや甘みを感じることができました。




同じ材料なのに、生地を伸ばす厚さによってもちもち感が違ったり、トッピングにも個性が表れるのも手作りならでは。

長男は「自分が作ったピッツァが一番美味しい!」と喜び、普段は警戒する野菜もすんなり食べていました。





本格パティシエ気分を味わえる「キッズスタジオ」

子供が楽しみながら成長できるアクティビティの一つとして、全国5カ所の「星野リゾート リゾナーレ」で行われているキッズスタジオ。


コックコートに着替えて、スポンジを並べたり、ホイップクリームを絞ったり、本格パティシエ気分でケーキを作ることができます。



リゾナーレ那須では、「畑のスコップケーキ」をテーマに、サツマイモや栗など季節の食材や「POKO POKO」の屋根をモチーフにしたメレンゲをトッピングしていきます。


こちらは4歳以上が対象なので長男のみ体験しましたが、次男もコックコートを貸していただき、記念撮影をしました。



旅先の非日常の環境で、「自分でできた!」という体験ができるのは、とても有意義なことですよね。




後編ではリゾナーレ那須の2つのレストランをレポート

大自然の中、大人も子供も五感を使って全身で楽しめるアクティビティが充実しているリゾナーレ那須。


ここまでは家族全員で体験したアクティビティについてレポートしてきましたが、ディナーは大人と子供別々で楽しみました。大人だけ、子供だけの時間を満喫できるのも、リゾナーレの魅力です。


後編では、無料託児サービス付きの「OTTO SETTE NASU(オットセッテナス)」での豪華ディナー、彩り豊かな野菜をたっぷり味わえるレストラン「SHAKI SHAKI」についてご紹介いたします。



星野リゾート リゾナーレ那須

https://risonare.com/nasu/


SCROLL