手荒れに悩むCA(客室乗務員)の知恵!今日からできる手荒れ改善術 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

手荒れに悩むCA(客室乗務員)の知恵!今日からできる手荒れ改善術 1/2

機内は非常に乾燥しています。乾燥しているだけでなく水を扱う仕事でもあるので、私もキャビンアテンダント(CA/客室乗務員)時代、ゴワゴワがさがさな手荒れにずっと悩んでいました。そこでたくさんの情報を集め、実践して良かったハンドケアの方法をお教えします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
9007.jpg
手荒れに悩むCA(客室乗務員)の知恵!今日からできる手荒れ改善術

乾燥する機内で手荒れに悩むCAの手荒れ改善策

秋が深まり乾燥がさらに気になる季節です。

指先や手の甲が、ゴワゴワがさがさしていませんか?

私はCAになってからずっと手荒れに悩んできました。

乾燥する機内で水を扱うお仕事なので手荒れがひどくなってしまい、ひどいときは全ての指にささくれができ、なにもしなくても手が痛く、腫れ上がってしまうほど……。

そこで様々なハンドクリームを試し、様々なハンドケアをしました。

その中から私にとって効果のあったものをお教えします。

飛行機の中だけでなく、日々の生活から実践できるものなので、ぜひ試してみてくださいね。




なるべく水に触れない

仕事で水を扱う方には少し難しいかもしれませんが、これを意識して覚えておくだけでも変化は見られます。

例えば、洗い物をするときは必ずゴム手袋を着用し、水に触ったらこまめにその都度拭きましょう。




手を洗う時のポイント

手を洗うというとハンドソープをつけて、というイメージがあるかと思いますが、油性の汚れでなければ水洗いのみで良いでしょう。

あまりハンドソープを使いすぎると手の水分をとばしてしまいます。


ハンドソープを使うときは、液体のものよりも固形せっけんが肌に優しくおすすめです。

また、乾かす時は温風乾燥機は使わず、ハンカチでやさしく拭き取りましょう。

乾燥器は便利ですが、風にあてることで必要以上に手の水分をとばしてしまう恐れもあるので、注意が必要です。


次のページ:ハンドクリームの置き場所にひと工夫!