手荒れに悩むCA(客室乗務員)の知恵!今日からできる手荒れ改善術 (2/2ページ) | キャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア - CA Media

3000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア

手荒れに悩むCA(客室乗務員)の知恵!今日からできる手荒れ改善術 (2/2ページ)

菜々子

機内は非常に乾燥しています。乾燥しているだけでなく水を扱う仕事でもあるので、私もキャビンアテンダント(CA/客室乗務員)時代、ゴワゴワがさがさな手荒れにずっと悩んでいました。そこでたくさんの情報を集め、実践して良かったハンドケアの方法をお教えします!

ハンドクリームはどこに置く?

家事が落ち着いたタイミング、手を洗ったあとのタイミングを見計らってこまめにハンドクリームを塗ることがとても大切です。

とはいっても、忙しいとついついハンドクリームを塗るのを忘れてしまうこともよくありますよね。


そんな時はハンドクリームを置く場所にひと工夫!

私は手洗い場のあるすべての部屋、すべてのかばんの中にハンドクリームを常備しておいて、すぐに塗れるようにしています。

わざわざハンドクリームを取りに行くとなると面倒で後回しにしてしまいがちですが、すぐ目の前にあれば何も考えずにすぐ塗れますよね。

機内で忙しく動き回るなかで、動線を意識して物を配置するCAならではの工夫です。




ハンドクリーム+オイルで完全防備 

また余裕のあるときはハンドクリームのあとにオイルを塗って蒸発しないようフタをすると、しっとり感がより長く続きます。

ついでに、ハンドクリームを塗るときはくるくると円を書くようにマッサージするように塗ると血行がよくなります。

特に指先のかたくなっているところは念入りに塗りこんであげましょう。

手の平のしわまですみずみまでしっかり塗ると、赤ちゃんのようなもちもちした感触になりますよ。




併せて読みたい

手を美しく見せる手先・指先マナーと所作で一目置かれる女性に

ハンドクリームでも改善しない手荒れに!シーン別手袋の活用法

酷い手荒れ&ささくれ!緊急事態の簡単ハンドケアを伝授


SCROLL