旅の荷物を軽くする!パッキングの達人が旅に持っていかない3つのもの (2/2ページ) | キャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア - CA Media

3000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア

旅の荷物を軽くする!パッキングの達人が旅に持っていかない3つのもの (2/2ページ)

若狭 遥

旅の荷物が軽くなれば、フットワークも軽くなり、もっと旅も楽しめるはず!CAから海外OLに転職し、日々パッキング術に磨きをかけている筆者が、旅にはあえて持っていかないもの3つをご紹介します。

お財布は不要!

続いてはハンドバッグの軽量化術です。普段使っているお財布が、実はハンドバッグの中でかなり場所を占めていたりしませんか?その割に旅行先ではホテルの金庫に入れっぱなしで、使う場面はほとんど無いのでは?


思い切って、いつも使っているお財布は置いてきてしまう!というのも軽量化の技です。必要な分の現金、クレジットカード、身分証等、旅行に必要な物だけをまとめてコンパクトにして持っていけば、ハンドバッグの中もかなりスッキリするはずです。



CA時代には小さなジップロックに入れて持ち歩いている人もいました。





写真は、こちらの両替所でもらえる防水のジップバッグとお年玉用の封筒で、私はこれらを旅行時にフル活用しています。

必要なものだけ持ち歩けば、旅先での盗難や紛失の心配も少なくなります。


旅行から帰った後は、すぐにいつものお財布に入れ替える事もお忘れなく。




足りなければ現地調達

現地調達を前提にパッキングをするのも、荷物の軽量化にはとても効果的です。せっかく色々と準備をして持って行ったけれど、現地に行ってみたら使わなかった、なんて経験がある方は多いのではないでしょうか。天気などは現地に行ってみないとわからないですし、現地での気分によって着たいもの、使いたいものも変わってきますよね。


その土地にはその土地に合ったものがありますし、見ていたら自分もそれを身につけたくなるものです。「一日分洋服が足りないから、現地でワンピースを一着買っちゃおうかな?」くらいの気持ちで街を歩いていると、散策もひときわ楽しくなります。




身軽ですっきり楽しい旅行に!

パッキングが軽量化できると、旅先で買ったものやお土産を詰められるスペースが増えますし、何より旅行中の持ち物もスッキリします。

そして荷物が軽くなれば旅先でのフットワークも軽くなり、もっと旅行を楽しめると思います。

ぜひ、この夏休みの旅行で早速実践してみてくださいね。




併せて読みたい

1回しか使わないかも……トラベルグッズは100均で揃えるのが賢い正解

一人二役は当たり前!旅好きCA(客室乗務員)が持ち歩く便利な神アイテム

現役CA(客室乗務員)も実践!時短で簡単な効率の良いパッキングのコツ3つ



SCROLL