旅の荷物を軽くする!パッキングの達人が旅に持っていかない3つのもの | キャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア - CA Media

3000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア

旅の荷物を軽くする!パッキングの達人が旅に持っていかない3つのもの

若狭 遥

旅の荷物が軽くなれば、フットワークも軽くなり、もっと旅も楽しめるはず!CAから海外OLに転職し、日々パッキング術に磨きをかけている筆者が、旅にはあえて持っていかないもの3つをご紹介します。

ついつい持ち物が増えてしまう旅行のパッキング

いざ海外旅行に行くとなると、あれやこれやとつい荷物が多くなってしまうことはありませんか?

言わずと知れた旅行の達人であるCAは、荷物をコンパクトにまとめる達人でもあります。


私が海外OLとして生活するシンガポールは近隣の国へのアクセスが良く、旅行や出張で海外に渡航する機会が多くあります。

そこで活かされるのが、CA時代に培われた軽量パッキング術!

シンガポールに来てからは、週末を利用しての海外旅行に行く ことも増えたので、荷物の軽量化にはさらに磨きがかかりました。

そんな私があえて旅には持っていかない3つのものをご紹介します。




スーツケースの仕分けポーチは不要!

すっきりしたパッキングの秘訣は仕分け。カテゴリーごとに分けて収納すると、持ち物が迷子にならず、使いやすくなります。


可愛い仕分けポーチのセットもありますが、私はあえて使っていません。ポーチ自体に重さがあるものもありますし、行き先や季節、宿泊数によって必要なポーチの数や大きさも変わってくるからです。




そんな私が愛用しているのが洗濯ネット!ポーチよりも軽いですし、価格もお手頃。買い足すのも簡単です。

大小様々な形の洗濯ネットを揃えておくと、アイテムごとに分けられて便利です。少し厚手のものであれば中身も透けないので、下着類でも安心です。旅行中、着た物とまだ着ていない物を分けるのにも役立ちます。


そして、旅行から帰ってきたら、ネットごと洗濯機にポンと入れてしまえばよいので楽なうえ衛生的。時短にも繋がります。




マスカラやファンデーションは不要!

女性の場合、毎日使う化粧品やスキンケア用品もかさばりがち。全部を持って行こうとはせず、どうしても欠かせないものを厳選しましょう。


例えばシンガポールのような湿度の高い国では、ビューラーの効きが悪くマスカラも落ちやすいのです。

汗もかきやすいので、ファンデーションの厚塗りも逆効果。

私の場合、思い切ってマスカラはせず、ベースメイクも日焼け止めとパウダーだけという選択をします。

気になる方は旅行前にまつ毛パーマやまつ毛エクステをしていくというのも手です。


スキンケア用品も、必要な日数分を考えて持って行くことが重要です。トラベル用のケースに小分けに出来ればベストですが、面倒な場合は旅行用と割り切って小さいボトルの物を買うか、試供品を集めて持って行きましょう。




クリーム類であれば、空のコンタクトケースに使う分だけ詰め替えて持っていくと、かなり軽量化できます。クリームを入れた後、ラップを1枚被せてからフタを閉めると漏れにくくなりますよ。


次のページ:持ち歩くハンドバッグも軽くする!

SCROLL