CAおすすめ時差ボケ対策もご紹介!GW明けの今日から元気に過ごすためのコツ 2/2 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

CAおすすめ時差ボケ対策もご紹介!GW明けの今日から元気に過ごすためのコツ 2/2

最長10日間のゴールデンウィークも終わり、今日から通常営業!旅行疲れの方も多いのでは?特に海外旅行では、時差ボケに悩まされることも少なくありません。帰国後、元気に過ごすためのCAの疲労対策、時差ボケ対策をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
9572.jpg
CAおすすめ時差ボケ対策もご紹介!GW明けの今日から元気に過ごすためのコツ

海外旅行後の時差ボケの治し方は?

時差ボケを治すには、少しでも早く日常の生活リズムに戻すことが大切です。

友人の国際線パイロットが話してくれた時差ボケ対策によると、海外からのフライトで日本に帰ってきて、寝るのが遅くなっても、なるべく翌朝は7時か8時には起きる、というもの。

時差のある国から帰ってくると、朝起きてもなんだかすっきりせず、二度寝したくなることもあるかもしれません。

そんなときでも、頑張って起きることで、日本時間に体を戻すことができるそうですよ。


筆者は寝ることが大好きで、長時間寝ることができるタイプ。

長距離フライトが終わって夕方に家に帰ったら、すぐに寝る準備を整えて、ベッドに入り、翌朝8時まで寝ていました。

睡眠時間は約15時間!この長時間寝るという方法で、まったくと言っていいほど時差ボケに悩んだことはないのです。


寝ることが大好きでいくらでも寝られるというタイプの方は、この方法も有効かもしれません。



ゴールデンウィークの旅行疲れは今日解消!

旅行先や、帰国後は、長時間のフライトの疲れでのんびりベッドで休みたくなることもあるかもしれません。

そんな時にはCAの疲労対策や時差ボケ対策をヒントに、楽しく元気に過ごしてみてくださいね。




併せて読みたい

CAは旅疲れを一晩で解消!帰宅後のリカバリースケジュール

今日実践!自分でできる時差ボケ解消法ですぐに日常生活へ

何であんなに元気なの?CA(客室乗務員)の1日のスケジュールから読み解く夜勤を乗り切る秘訣