押さないのは日本人だけ?コールボタンの大切な役割と活用術 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

押さないのは日本人だけ?コールボタンの大切な役割と活用術 1/2

飛行機に乗っても、コールボタンを押すのを遠慮していませんか?海外のお客さまは気軽に利用されているんです。上手に利用して、さらに快適な空の旅に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8632.JPG
押さないのは日本人だけ?コールボタンの大切な役割と活用術

コールボタンでわかる日本人の国民性

国際線に乗務していましたが、日本人のお客さまはコールボタンを押す頻度が低いイメージです。

海外の方の中には、コールボタンを知らない、場所が分からない方も多くいらっしゃいましたが、知っていて押さないというのは日本人のお客さまの特徴ではないでしょうか?

筆者が勤めていた会社では、日本線に乗務するためには特別な研修が必要です。

研修では、日本人のお客さまは控えめであまり気持ちをおっしゃらないので、より注意するようにと教わります。

しかし、CAたちはどんな些細なことでも、用事がある時は遠慮なくコールボタンを押して呼んでいただきたいと思っています。

コールボタンで分かる国民性の違いと、海外のお客様の利用例、また、コールボタンの重要性をお話します。




喉が渇いた!でコールボタン

長距離路線のフライトでは、お食事のサービスの後に機内の照明を落としますが、少なくても30分に1度はドリンクのサービスを行います。

CAは、お飲みものをサービスしながら、お客さまの様子を伺ったり、客室の温度は快適か、怪しいお客さまはいらっしゃらないか、異音や異臭はしないか、確認しています。

日本人のお客さまは、このサービス時にトレーに乗っている冷たいジュースやお水などのソフトドリンクをお手に取ります。

喉が渇いたなと思っても、「もうすぐサービスに来るかな?」と待ってくださっているのではないでしょうか。

外国人のお客さまは、よく、「コーヒーが飲みたい」「紅茶が飲みたい」と、いつでもコールボタンを押しておっしゃってくださいます。

どうぞ、遠慮なく、飲みたい時に飲みたいものをお申しつけいただいて大丈夫ですよ!




体感温度でコールボタン

快適な機内の温度を心がけてはいますが、感じ方には個人差があるのでどうしても全員をご満足させることは難しいんです。

また、温度設定は、路線によって違います。

例えば、イギリス人のお客さまは暑がりな方が多いので、ロンドン線の温度設定は低めです。

客室責任者の経験にもよりますが、日本人のお客さまはどちらかというと肌寒さを感じる人が多いように感じるので、高めの温度設定にしていました。

CAもできるだけお客さまの目線で、と気をつけてはいますが、動き回っているため、お客さまより体温が上がっているので、気づけないことも。

肌寒く感じる時も、なかなか言えない方も多いと思いますが、そんな時もコールボタンでCAを呼び出していただいて大丈夫です!

機内では、ブランケットはもちろん、温かいお飲みものやスープなどもご用意しております。




あとどれくらい?が知りたくてコールボタン

「着陸までどれくらい?」、「次の食事まではあと何時間?」、と時間を尋ねられるお客さまは非常に多いです。

日本人お客さまは、例えば着陸までの時間など、CAに尋ねずスクリーンで確認されることが多いです。

せっかくなので、是非、CAにお声がけください。

CAは、行先でのおすすめをご紹介いただいたり、お客さまの旅の思い出を伺ったり、おしゃべりが大好きです。

そんな会話のきっかけにもなりますよ!


次のページ:コールボタンの一番重要な役割とは