理由は問わず返品OK!驚くべきアメリカの返品文化とは | キャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア - CA Media

3000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア

理由は問わず返品OK!驚くべきアメリカの返品文化とは

阿部円香

アメリカでは、日本より気軽に返品する文化があり、消費者にとってとても有利な制度となっています。あれもこれも理由に関わらず、もらったプレゼントまでも返品することが出来る制度の内容と、実際に返品したい時はどうするかについてご紹介します。

ビックリ!アメリカの返品文化

販売員の方に「とてもお似合いです!」と勧められ、買ってはみたものの着こなせずにタンスの肥やしになった洋服。

旅行中、お土産は先に買ってしまおう!と買ったけれども、こっちの方が良かったかも……と後悔したという経験はありませんか?


日本の場合、いわゆるお客様都合による返品は出来ないことが多いですね。

ほとんどのものは妥当な返品理由があり、購入後の早い時期に新品同様でないと返品出来ませんが、アメリカの場合はどんな理由であっても、ほとんどの物は返品することが出来るのです。

アメリカに住んでみて驚いたことのひとつである返品文化と、実際に返品する際に使える英語をご紹介します。





そんな物まで?驚くべき無条件返品制度 

アメリカでは、いつでも、何でも、どんな状態でも返品を受け付けてくれるお店が多く、返品期限に関しては、2週間以内、30日以内、90日以内というお店が一般的で、無期限のお店もあります。

返品できるものは、電化製品、衣類、雑貨、家具、食品、レストランの食事代すらも対象になるとか!

ありとあらゆるほとんどの物は返品可能なのです。





返品の条件は?

返品する物の状態や理由も問いません。

不良品はもちろんのこと、買って使ってみたけどやっぱり必要ない、家の寸法と合わない、一回洗濯しただけで縮んだ等々!

私の友人は、使ってみたけど自分の髪には合わなかったシャンプー、美味しくなかったドレッシングなども返品していました。

お店の方は、世間話として「何か不都合があった?」など聞いてくることはありますが、ほとんどの場合は理由を聞かれることもなく、買い物する時と同じような自然な手続きであっという間に簡単に返品できます。

タグが付いていなくても、レシートがなくても受け付けてくれるお店もあるようです。





通販での購入でも返品可!?

通販で買った商品も返品手続きはとても簡単!

店舗がある場合はそちらに直接持っていくこともできますし、送り返す場合はインターネット上での手続きを済ませ、宛先のラベルを貼って、郵便局や宅配業者に持っていくだけ!

送料はお店側が負担してくれます。

アメリカでは自宅の郵便受けの近くに、"返品したいので持っていってください"とメモをつけて置いておけば、郵便局に行かなくても、郵便配達に来る方がついでに持って行ってくれます。 



次のページ:ギフトを渡す時にも返品できるようレシートは忘れない!

SCROLL