【コロナに負けない!現役CAポジティブチャレンジvol.6】CA・飲食店にカウンセリングを行うCA | キャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア - CA Media

3000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア

【コロナに負けない!現役CAポジティブチャレンジvol.6】CA・飲食店にカウンセリングを行うCA

CAにゃんこ

新型コロナウィルスの影響でフライトがなくお給料が激減、フライトに行けば感染リスクと隣り合わせと、厳しい状況にあるCA。そんな中でも、自分を見つめ直したり、スキルアップに励むなど、前向きに動いている現役CAのポジティブチャレンジをリレー形式でご紹介していきます。 第6回目は、キャリアコンサルタントの資格を活かして、CAや飲食店にカウンセリングを行うCAにゃんこさんが登場!

コロナに負けない!現役CAのポジティブチャレンジ

新型コロナウィルスによる外出自粛や渡航制限で、減便・運休が続く航空業界。


CA(客室乗務員・キャビンアテンダント)は、フライトがなくお給料が激減、自宅スタンバイ続きでいつどこにフライトになるか分からず気が休まらない、フライトに行けば感染リスクと隣り合わせ、など厳しい状況にあります。


そんな中、CAメディアではZOOMで現役CAのオンライン情報交換会を開催。

そこで見えてきたのは、現状を嘆いてばかりいないで、前を見て行動を起こしている強いCAのポジティブな面。


コロナをきっかけに自分を見つめ直したり、この状況だからこそできることに取り組む現役CAのポジティブチャレンジをリレー形式でご紹介していきます。


第6回目は、キャリアコンサルタントの資格を活かして、新型コロナウィルスによって大きな打撃を受けているCAや飲食店にカウンセリングを行うCAにゃんこさんが登場!



現役CAの実情に関するアンケート調査を実施

航空業界は現在とても苦しい状況にあります。


フライトが次々とキャンセルになり、ほぼ白紙のようなスケジュール。外資系エアラインの現役CAとして働く筆者自身も、しばらく休業せざるを得ない状況になりました。


次にフライトできるのがいつになるか分からない、いつまでこんな状況が続くのだろう、と不安な気持ちでいたのですが、ふと「こういう気持ちでいるCAは、私だけではないはずだ」と考えるようになりました。


今回の新型コロナウィルスに対する措置は各エアラインによって違うようで、「自分の会社の状況は分かるけれども、他社はどうなっているんだろう?」と気になっているCAは多いのではないかと思ったのです。


一言でCAといえど、他社の内情は分かりません。でもこんな時こそ、会社間を越えて情報を共有し、自分が今置かれている現状をきちんと把握することで今後の自分はどうすべきか考えられるのではないかと思い、「現役CAの実情に関するアンケート調査」を実施することを決心しました。


他社のCAは今どれくらいフライトしているのか?お給料面や補償はどうなっている?など、皆が気になっているであろう事柄を意見集約しながらアンケートを作成しました。


幸い横のつながりも多い業種なので他のエアラインCAの友人や同期、同期の友人にも協力をお願いをしたり、自身のブログやSNSを利用してアンケートを拡散し、「現役CA100人」を目指してアンケート調査を行いました。


間もなく集計が終わるので、結果についてはまた別記事でお知らせしたいと思います。


アンケート結果が少しでも現状に不安を感じている現役CAたちの役に立てばと思っています。




CAや飲食店に向けたキャリアカウンセリング

筆者は現役外資系CAとして働く傍ら、「国家資格キャリアコンサルタント」という資格を保持し、CAからのセカンドキャリアや転職支援、働く女性の生き方支援などの活動を行っています。


「キャリア」というのは単に仕事上の役職や経歴のことを現すのではなく、人が生涯で果たしていく仕事やプライベートな出来事を含めたライフスタイル全体のことです。この「ライフキャリア」という概念を多くの人に伝えていきたいと考えています。


今回の新型コロナウィルスをきっかけに、「これからの自分」について考えた方も多かったのではないでしょうか。


そんな方々の力になりたいと思い、資格取得の際に身につけたカウンセリングスキルを活かして、「こうすればいい」と自分の考えを押し付けるのではなく、悩みを抱えている方自身が自分の意思で「こんな風に生きていきたい」と考えていけるよう、CAを中心に個別カウンセリングを行っています。


また、知り合いで日頃お世話になっている飲食店関係の方々の中には、大打撃を受けた経営に追われて従業員の方々のケアまで追いつかないという方も。そんな経営者陣に代わり、従業員の方々に向けたキャリアカウンセリングやモチベーションアップ講習などをボランティアで行っています。


こういう時だからこそ、日頃お世話になっている方々や周囲の人々に対して自分ができることはして、お互いに支えあえればと思っています。


次のページ:医療機関への布マスク寄付活動

SCROLL