憂鬱な月曜を乗り切る!仕事のモチベーションアップ術 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

憂鬱な月曜を乗り切る!仕事のモチベーションアップ術 1/2

「朝起きて仕事に行くのが憂鬱」という人は多いですよね。どうせ行かなくてはいけないなら、楽しく仕事をしたいと思うあなたに、楽しく職場に向かえるやる気アップ術をお伝えします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
6095.jpg
憂鬱な月曜を乗り切る!仕事のモチベーションアップ術

月曜の朝は憂鬱?朝起きて「○○」とつぶやきましょう

月曜の朝は憂鬱、というよりも、日曜の夜から憂鬱、という方は多いですよね。

けれど、休むわけにはいかないので、仕方なく職場に向かっていくあなた。
仕事へのモチベーションをアップするには、まず気持ちからです。


朝ベッドから起き上がった瞬間に、「今週も1週間、頑張ろう」と声に出してみましょう。

明るい声で、ちょっと張り気味に声を出してみると効果的です。

前向きな言葉を口に出すことで、知らず知らずにうちに表情が明るくなり、前向きな気持ちになることができます。


また言葉には「言霊」があり、言葉に出したことをかなえてくれる力があります。

まずは憂鬱な自分のキモチを見ないふりをし、明るい気持ちの自分を演じてみましょう。

いつもとちょっと違う明るい朝が始まるはずです。


疲れたら無理せずに休み、睡眠は貪欲にとりましょう

前向きな気持ちになるために、疲れや体調不良は厳禁です。

自分の体は自分が一番わかっているもの。

「疲れたな」と思っても無理してしまいがちなのが働く者の悲しさですが、そこは心を鬼にして、少しでも良いので休息するようにしましょう。

特に重要なのが、睡眠時間です。

疲れた時に限って、テレビを見たりパソコンを見たり、気分転換をした後に眠りたくなることもあると思います。ですが、睡眠時間を意識して多めにとるために、「帰宅して食事と入浴を済ませたらすぐ寝る!」という徹底した休息日を意識的に1日設けてみましょう。

それだけで1週間の乗り切り方が変わってくるはずです。


次のページ:気分転換を取り入れてココロを明るくしましょう