CAからの転職で損しないために!異業種への転職で選ばれるために今できる3つのこと (2/2ページ) | キャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア - CA Media

3000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア

CAからの転職で損しないために!異業種への転職で選ばれるために今できる3つのこと (2/2ページ)

古川敦子

CAのキャリアは異業種の方にとっては想像しづらいものも多いため、転職活動の際には工夫が必要になります。ここでは、異業種への転職を成功させるために今からできる3つの準備を、キャリアコーチの視点で伝授します。


変換する時に大切なのは「想像力」と「相手への気遣い」


「顧客目線」や「接遇」などCAの世界では当然のように使っている言葉も、異業種の方にとっては聞き慣れないものも多いものです。


先ほど説明に挙げた「タイムマネジメント」のように、リストアップしたスキルを分かりやすい言葉で話せるように、準備をしておきましょう。


ポイントは、CAとしてどのようなキャリアを築いてきたのか、相手が想像できるようにこちらも想像力を働かせながら変換するということです。


それは、先方への気遣いになるだけでなく、自分自身にとってもCAキャリアの見直しになり、自信に繋がるはずです。



将来のキャリアチェンジを具体化していくと、現職でやるべきことも見えてくる


自分のキャリアを棚卸することで、今やるべきことと自信に繋がることの両方が明確になったのではないでしょうか。


仕事に懸命に向き合い、今できる準備を進めることは、必ず次のキャリアにも繋がります。

今あるフライトを大切に臨みながら、将来のキャリアに活かし頂きたいと思います。


CAは謙遜しがちな方も多いですが、キャリアチェンジにおいては、自分から分かりやすくアピールしていくことも大切です。


そのためにも、自信を持って自分が培ってきたスキルを話せるように、上で述べた3つの準備を進めてみてください。


併せて読みたい

元CAキャリアコーチ直伝!アフターコロナ時代の理想の働き方を見つける2ステップ

CAの強みと弱みとは?ビューティーコンテストに出場して感じたCAの特性

【コロナに負けない!現役CAポジティブチャレンジvol.6】CA・飲食店にカウンセリングを行うCA

SCROLL