なぜ辞めるの?経験したからこそ分かる外資系CA(客室乗務員)が退社する理由 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

なぜ辞めるの?経験したからこそ分かる外資系CA(客室乗務員)が退社する理由 1/2

CAになりたくて仕方のない方にとっては、せっかく夢を叶えてそれも海外でCAになれたのに、どうして辞めてしまうの?と思うことがあるかと思います。そこには外資系CAならではの理由があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
9017.jpg
なぜ辞めるの?経験したからこそ分かる外資系CA(客室乗務員)が退社する理由

外資系CA(客室乗務員)が退職する理由

CAを目指している人の中で、CAになった後のことを考えている人はどれだけいるでしょうか?

常に憧れの職業の上位にあがるCA。

けれど、目標の航空会社に入社できず第二希望の航空会社だったら?

思っていたような華やかな仕事内容ではなかったら?

結婚したら?

子どもができたら?

その後、どうするかはしっかりと描けていますか?

わたし自身、実際に外資系航空会社のCAになってみて、辞めてしまう人の多さに驚きました。


一般的な事務職と違って、上空で体に負担のかかるCAと言う仕事。

続けたくても続けられなくなることもあります。

また、外資系ならではの理由もあります。

今回は、外資系航空会社のCAが退職を決める理由についてお話します。




ライフイベントは岐路になる。結婚や出産

やはり、一番多い理由は結婚ではないでしょうか。

日系の航空会社であれば、福利厚生がしっかりしているので続ける人も多いと思います。

外資系では国際結婚も多く、それも夫婦ともにベースにしている国の出身ではないことがほとんど。

例えば、わたしは中東ベースでしたが、奥さんが日本人でご主人がルーマニア人やマレーシア人、スコットランド人やフィンランド人と、とても国際色豊かでした。

そのため、結婚を機に旦那さまの故郷へ戻ることが多かったです。

また、夫婦ともに日本人の場合、出産を機に日本へ帰国して家庭に入ったり、子育てに環境の良い場所に引っ越したりという理由も多かったです。

外国籍のCAは、リジョイン(rejoin)と言う退社後いつでも戻ってこられる制度を利用して、親子で再び一緒に入社するママさんCAも!




別の航空会社のCA(客室乗務員)への転職

次に多い理由は他社への転職だと思います。

外資では、転職は当たり前。

日本では転職回数が多いとマイナスなイメージですが、海外ではキャリアの一つと考えられています。

条件面、就航地、ベースとなる国など、理由は様々ですが、何社かを渡り歩くCAはとても多くいます。

日本人CAも同じく、外資系を経て、別の外資系航空会社や日系航空会社へ転職するCAが多かったです。

理由の一つに、やはり母国に帰りたいということがあるかもしれません。


次のページ:CAになるのは夢を叶えるための通過点!?