日本だけだと思ってた!外資にもあるの?気になる先輩後輩の上下関係 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

日本だけだと思ってた!外資にもあるの?気になる先輩後輩の上下関係 1/2

100ヵ国以上の国籍のCAが集まる外資系の航空会社にも、日本の会社のように先輩後輩の上下関係はあるのでしょうか?気になる本当のところをお話します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AX0Q1291.jpg
日本だけだと思ってた!外資にもあるの?気になる先輩後輩の上下関係

外資系にも存在!先輩後輩の上下関係

以前テレビドラマにも描かれたように、CAの世界で気になる先輩後輩の上下関係。

実は、日本とはちょっと違った形ではありますが、外資系の航空会社のCAにも上下関係が存在します。

今回は、100ヵ国以上の国籍のCAが集まる外資系航空会社の、先輩後輩上下関係についてお話します。




夢のクリスマスホリデイ?

年に30日以上取得できる有給休暇。

日本人に人気なのはやっぱりお正月ですが、外国人CAに人気なのはやっぱりクリスマス休暇。

休暇の希望は入社順に通るので、新入社員がクリスマス休暇をもらえるなんて夢のまた夢です。




憧れの眺めの良いお部屋

長いフライトを終え、ステイ先のホテルへ。

客室責任者がチェックインを済ませ、機長、副機長に鍵を渡した後、CAは入社順(社員番号順)にお部屋の鍵をもらいます。

リゾート地では、海の見える眺めの良いお部屋はもちろん先輩のもの。

幽霊が出る、なんて噂のお部屋は一番新入社員に割り当てられてしまいます。




CA経験者のある後輩は?

外資では、転職が当たり前。

他社でCA経験のあるベテランCAがたくさんいます。

そういうCAはすぐにビジネスクラスやファーストクラスの担当に上がるのですが、やはり重視されるのは社員番号です。


けれど、フライトでは上下関係関係なく、経験者のもつスキルを存分に生かしてもらい、最高のサービスを提供できるよう全員が努力します。

例えば、入社直後の新人CAがスペイン語を話せて、ファーストクラスにスペイン語を必要とするお客さまがいらっしゃった場合、どんどんお手伝いしてもらいます。


次のページ:気になる日本人CAの事情