「機内にお医者様はいらっしゃいますか?」で実際に起こっていること 2/2 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

「機内にお医者様はいらっしゃいますか?」で実際に起こっていること 2/2

実は、CAならば誰もが経験したことのあるのが、このシチュエーション。実際に機内ではどんな事態が起こっているのか、その裏側をお話します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8426.jpg
「機内にお医者様はいらっしゃいますか?」で実際に起こっていること

念入りなストレッチ?

実際に、筆者が体験した急病人のリアルエピソードをご紹介いたします。



お食事、温かいお飲み物のサービスが終わり、機内の照明を落とすと、お客さまはお休みになる準備をされます。

お休みされないお客さまはギャレー(飛行機の台所)に遊びにいらっしゃる方も。

その日も、機内の照明を落として、CAは順番で食事タイム。

食事が後のCAはお手洗いの様子、ギャレーにいらっしゃったお客さまの対応、次のサービスの準備など、忙しく動いていました。

お休み前に用を済ませたいお客さま、歯磨きされたいお客さまなどで、お手洗い前には長蛇の列が。

大変ですがお待ちいただくしかありません。

列の3番目のお客さまが、ストレッチをしながら並んでいらっしゃったのは視界に入っていました。

アキレス腱を伸ばしながら体を前後に大きく揺らしているなと思った瞬間後ろに転倒!

意識を失っていらっしゃいました。

あと数センチずれていたら、ひじ掛けかお手洗いの壁に頭を強打していた可能性が。

外傷は見られませんでしたが、念のためお医者さまにお願いしました。

貧血になり、一時的に意識を失っていただけで、こぶはできてしまいましたが大事には至りませんでした。




旅の疲れで熟睡?

深夜便での出来事です。

30分ごとのドリンクサービスも滞りなく進み、次のお食事の準備も順調。

CAにとって、少しゆっくりできる時間です。

そんな時、真っ暗な機内で何度も何度もコールベルが。

急いで駆けつけると、一見ぐっすり眠っていらっしゃるお客さま。

お隣のお連れのお客さまが、何度話しかけても目を覚まさないのに気がついてコールベルを鳴らしてくださったのでした。

息はしているのが確認できたので少しホッとしましたが、吐しゃ物が喉に詰まってしまったり、他の病気が考えられたりもしたので、念のためお医者さまをお願いしました。

こちらも貧血で意識を失っていらっしゃったようで、事なきを得ました。




まさかのCAが?

エコノミークラスに乗務していた後輩CAが、着陸まであと数時間というとき、背中の痛みを訴えて動けなくなってしまいました。

痛みで顔は真っ青。

冷や汗も出ていて、息をするのも苦しそうな様子。

これはCAの職業病とでも呼べる症状、尿路結石です。

忙しくてお水を飲む時間が取れなかったり、お手洗いを我慢してしまったりすることが原因です。

少しでも痛みが緩和できればと、痛み止めを服用させたり工夫しましたが、念のためお医者さまにお願いしました。 



いかがですか?

CAもお客様の体調の変化にはとても敏感で、すぐに対応できるように訓練されています。

しかし、機内にいらっしゃるお医者様の存在はとても心強いもの。

お客様としてお乗りいただいている以上、お申し出いただくのは心苦しいのですが、お医者様との連携があって機内で救われている命もたくさんあります。

機内でお医者様がいらっしゃるかのアナウンスが流れているのを聞いた時は、ぜひこのことを思い出していただけると嬉しいです。




併せて読みたい

ビジネス・ファーストクラスのサービスの裏側!ギャレー事情

既卒CAならではの経験と個性!新卒CAから見える既卒の強み

空の安全を守るのは私たち!CAの保安要員としての日々の努力