CAはあれもこれもしちゃダメ!?規則で決められている禁止事項 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

CAはあれもこれもしちゃダメ!?規則で決められている禁止事項 1/2

CAは会社の規定で、色々なことを禁止されています。それも全て、安全な空の旅の為なのです。どんなことが禁止されているのかお話します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7623.jpg
CAはあれもこれもしちゃダメ!?規則で決められている禁止事項

安全運航のために守るべきCAの規則

華やかなイメージのCA。

ヨーロッパのステイ先では、美味しいワインを堪能し、南の国ではダイビング……なんてご想像される方はたくさんいらっしゃるかと思います。

もちろん、時間に余裕があればそんな日もありますが、実際は禁止されていることがいっぱい!

短いステイでは、何も出来ません。

どんな規則があるのか、少しだけお話します。




12時間(24時間)前の飲酒

車の運転と同じく、酒気帯びは、機長・副機長だけでなくCAももちろん禁止です。

会社によって様々ですが、わたしが勤務していた会社では、マニュアルの中では飲酒は12時間前までと明記されていました。

自身の体質や体調を考えて24時間前とするCAもいました。

フライト前に、抜き打ちで検査があります。

わたしはあまりアルコールが強くないので、ムール貝の白ワイン蒸しやビーフの赤ワイン煮込みなどのアルコールを使ったお料理も、フライト前には控えていました。




フライト後12時間以内のフライト

旅行好きなCAが多いですが、続けてフライトすることは禁止されていて、フライトとフライトの間は必ず12時間以上空けることになっていました。

例えば、8月10日6時出発のフライトに勤務する場合、前日8月9日は、18時より前のフライトで帰ってくるスケジュールでなければ許可されません。

遅延等で18時を過ぎてしまった場合は、勤務が変更になります。

minimum rest=ミニマムレストと呼んで、フライトとフライトの間は最低でも12時間空けなければいけないルールです。


フライトは、体にとても負担がかかります。

飲みかけのペットボトルを想像してください。

着陸すると、ボコッとへこんでいるのを見たことはありませんか?

気圧の変化で、体の中でも同じようなことが起こっているのです。

お客さまの安全の為、万全な体調でフライトに臨むため、フライトとフライトの間は最低でも12時間空けることが決められています。




献血

フライト前、72時間以内の献血は禁止されています。

献血の後、血液の量は3~4時間で元に戻るようですが、気圧の変化で体にかかる負担が地上よりも大きいからのようです。

赤血球の回復は血液の成分の中で一番遅く、3~4週間かかるそう。


次のページ:意外!?こんなことも駄目なの!?