お肌ぷるぷる!?自宅でできる白きくらげデザートレシピ (2/2ページ) | キャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア - CA Media

3000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア

お肌ぷるぷる!?自宅でできる白きくらげデザートレシピ (2/2ページ)

あゆみ

薬膳や漢方が日本よりずっと身近な香港。 女性はサプリメントや化粧品に頼りすぎず、自然の力を取り入れて、体の中から美と健康を保っています。 その中でも特に人気のある白きくらげ。 香港ではスーパーの乾物コーナーでも見かける、お馴染みの食材です。 普通のきくらげと何が違うの?と思いますよね。 今回は白きくらげの美容パワーをご紹介します。

白きくらげとパパイヤの美肌デザートの作り方

1, 石づきを取った白きくらげ、よく洗ったクコの実、氷砂糖、水を鍋に入れ煮立てる

    クコの実は乾燥のまま入れても、お鍋の中で柔らかくなります

2,  カットしたパパイヤを加え、軽く火が通ったら出来上がり!

白きくらげのココナッツミルクデザート

キラキラしたとても綺麗なデザートです。

パパイヤのデトックス効果はフルーツの中でも断トツなんだとか。

クコの実は美白効果や体内のコラーゲンを保持し、シワ、たるみにも効果があると言われています。

暖かいデザートとしても、夏は冷蔵庫で冷やして食べてもおいしいです。

ぜひ試してみてくださいね!

 簡単アレンジ!白きくらげのココナッツミルクデザート

美肌食材の白キクラゲですが、毎回同じ食べ方だと飽きてしまいますよね。

ですが無味無臭でいろんなアレンジができるので、いつもの料理にだって足すことができます。

まずは先ほどご紹介したデザートをちょっと一工夫。

出来上がった後にココナッツミルクを足して、一味違ったトロピカル風に。

クリーミーなコクが増して美味しいですよ。

また梨も白キクラゲと相性が良く、ポピュラーな組み合わせなんだそうです。

トッピングにはクコの実だけでなく、漢方や薬膳には欠かせないナツメや、蓮の実も定番です。

ナツメは貧血予防に、蓮の実は疲労回復やイライラ予防に役立つと言われています。

または白きくらげを刻んで飲み物に入れれば気軽に摂取できますよ。

お料理に加えてもOK!

デザートだけでなく、料理に加えることもできます。

鍋、中華風サラダ、野菜炒め、ラーメンの具など、、案外何に加えてもOK。

無味なので味が邪魔することなく食べられます。

このように、白きくらげはアイディア次第でいろんな食べ方ができるのです。

これから紫外線も強くなり、お肌へのダメージが気になる季節。

こんな時こそ、きくらげの白黒コンビで美肌を目指しましょう。

ぜひ普段の食事に取り入れてみてくださいね。

SCROLL