【アイシャドウ部門ベスト3】CAメディアベストコスメアワード2018 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

【アイシャドウ部門ベスト3】CAメディアベストコスメアワード2018

CA100名が選出!美容に高い意識を持つCA達がリアルに愛用する化粧品を調査した、CAメディアベストコスメアワード2018。アイシャドウ部門ベスト3をご紹介いたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
9172.jpg
【アイシャドウ部門ベスト3】CAメディアベストコスメアワード2018

第1位 マキアージュ ドラマティックスタイリングアイズ



アイシャドウ部門第1位にランクインしたのは、「マキアージュ ドラマティックスタイリングアイズ」。

瞳の色研究から生まれたブラウンが自然に目もとを大きく見せてくれる、目もとファンデベースとグラデカラー3色、ポイントカラー1色からなるアイシャドウパレットです。

「発色が好き」、「肌なじみの良い色」など、やはり研究されたブラウンの発色の良さに関するコメントが目立ちました。

「ビジネスでもプライベートでも使いやすいカラー」、「キラキラしているが派手すぎない」など、どのようなシーンでも浮かずに使いやすい点も、常にTPOを意識しているCAに人気のようです。

マキアージュ ドラマティックスタイリングアイズ (資生堂)

全7色 各2,800円(税抜)

*編集部調べ


第2位 アディクション ザ アイシャドウ



アイシャドウ部門第2位にランクインしたのは、「アディクション ザ アイシャドウ」。

99色ものカラーバリエーションがあり、質感もシルキー、マット、パール、メタリックと分かれていて、必ず自分好みのアイシャドウが見つかると言われているのがアディクションのアイシャドウです。専用コンパクトを購入すると、自分だけの2色パレットや4色パレットを自由に作ることができます。

パレットのアイシャドウが主流な中、「単色使いでも華やかなメイクをすることができる」、「何色も持っており、気分に合わせて色を変えられる」と、単色の良さが評価されました。

「一見、色がすごいけど実際にまぶたに乗せてみるととてもきれいになじむ」といったコメントや、「ラメ感がきれいで見た目よりも上品に仕上がる」と、見た目通りの美しい発色と、見た目からは想像できない色のなじみ方に、アディクションのスキルの高さを感じるコメントが集まりました。

Cry Baby、My Baby、Love Affair、Christmas Loveなど、「品番と一緒に書いてあるそれぞれの名前がかわいい!」とのコメントもありました。


パレットアイシャドウと違って、自分の好きな色、自分に似合う色をピンポイントで見つけられるのが単色アイシャドウの良いところ。捨て色もなく、CAにリピーターが多いようです。


アディクション ザ アイシャドウ(アディクション)

全99色 各2,000円(税抜)



第3位 ヴィセ リシェ  ジェミィリッチ アイズ




アイシャドウ部門第3位にランクインしたのは、「ヴィセ リシェ  ジェミィリッチ アイズ」。

パールカラーのグラデーションで、宝石を砕いたようなまばゆいきらめきを演出する4色セットのアイシャドウです。カラーバリエーションも豊富で、ベージュ系2種、ピンク系2種、ブラウン系2種、グレー系、ブルー系の全8種から選ぶことができます。美容液成分配合で、潤いを保ちながら目元を華やかに彩ります。


「発色の良さと伸びの良さと、カラーのセレクトが良い。ほぼ毎日使っている」とコメントがあるほどの愛用者も。

「グラデーションがきれいに出る」、「ラメがほど良い」とのコメントからも分かるように、上品な目元の仕上げには欠かせないアイシャドウのようです。

「プチプラなのでいろんな色を使い分けている」と、オンとオフで使い分けたり、季節やその日の気分、お洋服などで使い分けを楽しんでいるCAもいます。

ヴィセ リシェ  ジェミィリッチ アイズ(コーセー)

全8種 各1,200円(税抜)
*編集部調べ



上品な華やかさが人気の秘訣

アイシャドウ部門上位3品のコメントに共通していたのが、派手すぎない華やかさというポイント。特にラメの細かさや輝きには、皆細かいこだわりを見せていたのが印象的でした。


日常使い用は繊細なラメのもの、パーティーなど特別なシーンではラメが大きいものと使い分けているという人もいました。

カラーは仕事でもプライベートでも使い勝手の良い、定番のブラウン系がやはり人気のようです。



他部門のランキングもチェック!

CA Mediaベストコスメアワード2018特集ページ