ステイ先でも自宅のように過ごしたい!エコ派CAのスーツケース~CAのキャリーバッグ特集vol.2 (2/3ページ) | キャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア - CA Media

3000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア

ステイ先でも自宅のように過ごしたい!エコ派CAのスーツケース~CAのキャリーバッグ特集vol.2 (2/3ページ)

haru

滞在先のホテルだとなかなかリラックスできないという方も多いはず。ステイ先でも自宅のようにくつろぎたいと思う私の、おすすめアイテムや工夫などスーツケースの中身をご紹介しちゃいます。

天然塩


沖縄の海


天然の粗塩(特に沖縄産のものがお気に入り)は体を清めることが出来ると聞いてから持ち歩くようにしています。


安全に飛行できるように、また怖い(厳しい)先輩とも上手く仕事出来るようにとお守り代わりに小分けにしてポケットに入れたり、なんだか仕事が上手くいかなかった日の夜はバスソルト代わりにお風呂に入れたり、マッサージをするなどして浄化を心掛けています。

意外と持ち歩いているCAが多いようですよ。


お気に入りのお茶


お気に入りのお茶 客室乗務員(キャビンアテンダント)のスーツケースの中身


ステイ先で買ったお気に入りのお茶をジップロックに入れて持ち歩きます。他にもお湯を入れるだけで出来るお味噌やおかゆも持ち歩いています。

次ページ:日本では不要でも海外ではないと困るアイテム

SCROLL