パリ旅行を安全に楽しく満喫!スリから身を守るための5つの技 | キャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア - CA Media

3000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア

パリ旅行を安全に楽しく満喫!スリから身を守るための5つの技

矢野 亜希子

花の都パリといえば、オシャレなカフェ、ショッピング、優雅なフレンチなどなど、憧れの旅先でもありますよね。でも、油断していると意外と危ないことも多いんです。今回は、スリにあわないように、パリ旅行を最初から最後まで思い切り楽しむために過ごし方で気をつけたいポイントをお伝えします。

パリを安全に楽しむために

フランスのパリは、歴史も文化も深い素敵な都市

フランスのパリは、歴史も文化も深い素敵な都市です。

このGWに旅行で行かれる方も多いのではないでしょうか。

しかし、実は移民が多くて貧富の差も大きい国。

安全に慣れきっていて裕福な日本人は、スリやだましの被害に遭いやすいんです。


パリに住んで旅行代理店に勤めていたころ、毎日必ずスリにあった日本人のお客様が来店されていました。

被害にあったという現役CAの同期もたくさんいます。

お金や大切なものを取られたらショックだし、やりたかったこともできないかも。

パスポートをとられたら、旅程を大幅に変更して再発行しなければいけません。


しかし、必要以上に恐れることはありません。

ちゃんとポイントを押さえれば危険な目にあるリスクをグンと減らすことができるのです。

今回は、パリでスリに遭わないために、小さいけれどとても大切なポイントを5つご紹介します。

カフェでスマホをテーブルに置かない

カフェでスマホをテーブルに置かない

日本人に一番被害が多いのが、これです。

日本では当たり前のように、お友達とのおしゃべりの間もスマホをテーブルに置きますが、
パリのスリはそれを見逃しません。

陽気のいい日には、パリではテラスでカフェを飲みたくなりますよね。

驚くべき身のこなしで、通りすがりにサッと取っていきます。

気付かないうちになくなっていることも。

特にiPhoneは標的になりやすいので、注意です。

大切なスマホは、使ったら毎回カバンにしまいましょう。

ファスナーのないバッグは持っていかない

チャックのないバッグは持っていかない

オシャレな街だから、お気に入りのバッグを持っていきたい!

もちろん、分かります。

しかし、写真を撮ったり地図を見たり、意識がいろんな方向にむいてしまう旅行中は、ファスナー付きが鉄則です。

満員電車でも、ファスナーの端っこをちょっと握りしめているだけでも、スリにあう確率はグッと下がります。

男性は、ポケットに大切なものを入れるのもなるべくやめましょう。

次のページ:まだある!日本人がよくやってしまいがちな危険な行動

矢野 亜希子

こんにちは! 元CA、現在IT関係の会社代表をしている矢野亜希子です。 大学生の頃からフランスが好きすぎて、パリに2年住んだ後は、東京のプチ・フランスとよばれる神楽坂近くに住んでいます。現役の頃は、長期休みはほとんどパリで過ごしていました。何事にも自分の意見を持ち 、まっすぐ生きるフランス人。女性がしっかり活躍できるフランスという国、その深い文化が大好き。もう10年近く、フランスには毎年訪れています。CAメディアでは、特にフランスについて、パリジェンヌの生き方について、日本で感じられるフランスの魅力についてなどを書いていきたいなと思っています。 CAとしての乗務の経験は2年半。国内線のみでしたが、現役の頃に得た「旅が好き」という気持ち、機内でお客様と心を通わせて聞いた意見、オフに気軽に世界各地を飛び回った経験などが、今の自分のあり方に大きく繋がっています。これまでに訪れた国は23カ国。現在は起業し、旅そのものや世界各地の魅力を伝えられたらと、あたらしい旅先の過ごし方を見つけられるWebサービス「TABITICKET」を運営しています。時々、フランス語通訳としても活動。ライフイベントやプライベートも大切にしながら、好きなことで輝ける「女性らしい働き方」を模索中なので、そういった発信もできれば幸いです。 趣味は旅と写真と、ものづくり。家にいる時間は、なるべくクリエイティブでいようと心がけています。たくさんの人にフランスの魅力、旅のおもしろさなどをお伝えできれば嬉しいです。よろしくお願いいたします。

SCROLL