機内でメイクはマナー違反?すっぴんで乗ったその後はどうする!? | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

機内でメイクはマナー違反?すっぴんで乗ったその後はどうする!? 1/2

ロングフライトの時はメイクを落とすのが基本。機内は乾燥しているので、お肌のためにもそれが正しい選択です。でも、到着時もすっぴん!?メイクはいつすればいいの!?そんな疑問にお答えします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8982.jpg
機内でメイクはマナー違反?すっぴんで乗ったその後はどうする!?

機内ですっぴんになったのは良いものの

ロングフライトでは、メイクを落としてすっぴんになりましょうというのは鉄則。

お肌のためにも実践している方も多いかと思います。

さて、それでは間も無く目的地に到着!このまますっぴんで空港に降り立つのでしょうか?

もちろんすっぴんで降り立っても全然OKです。

でも、パスポート写真はメイクバッチリ、すっぴんだと本人と認識してもらえないかも!?(もちろん実際にそんなことはほとんどありません。)

テンションの上がるせっかくの空港!写真を撮りたいけどすっぴんだった!

空港からそのまま観光に行くのにすっぴんで行くわけにはいかない!


こういう状況を考えると、到着前に機内でメイクを仕上げておきたいですよね。

でも、座席でメイクをするのも躊躇すると思います。

どこまで機内で仕上げるか?するならいつメイクをするの?そんな疑問にお答えします。




座席でのメイクはマナー違反?

そもそも、座席でメイクをしても良いのでしょうか。

座席でのメイクは禁止されているわけではありませんが、基本的にはマナー違反と考えられています。

電車内でのメイクがマナー違反と見なされているのと同じですね。

公共の場ですし、おおっぴらにするものではありません。

また、化粧品には香料が含まれていることも多く、その香りが他の方の気分を害する可能性もあります。 

お化粧室でメイクすれば良いですが、たくさんの人が利用するお化粧室を長時間占領してしまうのもよくありません。

前提として、座席でのメイクはマナー違反と捉えられています。

しかし、どうしてもすっぴんで降りるわけにいかない場合、座席でのメイクはどこまでが許容範囲になるでしょうか。




座席でどこまでメイクしていい!?

座席でメイクをしなくては!となった場合、とにかくスキンケアもメイクも最小限にまとめましょう。

すっぴんになってからかなり時間が経っていますが洗顔は難しい状況。

拭き取り化粧水でお肌の汚れも拭き取りつつ、整えます。

メイクはベースメイクは日焼け止めとパウダーのみでささっと終わらせること!

カバー力が気になる場合は、CCクリームがオススメです。

あとは、眉毛を書くくらいで切り上げましょう。


次のページ:どのタイミングでメイクをスタートするべきか