毎日が海外旅行?中東系国際線CAの思い出深い行き先Best3 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

毎日が海外旅行?中東系国際線CAの思い出深い行き先Best3 1/2

就航先は100ヵ国以上!世界中に飛べる中東系国際線CAにとって思い出深い行き先はどちらなのでしょうか?筆者のお気に入りの場所をご紹介します。皆様にもぜひ足を運んでいただきたい場所ばかりです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7849.jpg
毎日が海外旅行?中東系国際線CAの思い出深い行き先Best3

100ヶ国以上飛んだ中から選ぶ一番の行き先は?

中東系航空会社では、国籍に関係なく、日本人CAも世界中100ヵ国以上の路線に乗務できるのが魅力。

今回は、筆者にとっても思い出深い行き先を3つランキング形式でご紹介いたします。




第3位:スリランカで像の孤児院



スリランカ・コロンボ。

コロンボから車で北東へ約3時間、ピンナワラという街に象の孤児院があります。

ジャングルで親とはぐれてしまったり、親を亡くしたり、怪我をして野生に戻れなくなった象を、できるだけ自然に近い形で保護している場所です。



何といっても見ごたえがあるのは、水浴び。

本当に気持ちが良さそうで、見ているだけで嬉しくなります。

園を出て、街を歩き、川まで一緒にお散歩した思い出は忘れられません。




第2位:ケニアのピンク色に染まる湖



ケニア・ナイロビ。

ナイロビから156キロ、車で約3時間の場所にあるナクル湖は、ピンク色に染まる湖と言われています。

筆者にとっても、ずっと行ってみたかった場所のひとつでした。

世界自然遺産にも登録されています。

ピンク色の正体は、なんとフラミンゴ。

100万羽以上のフラミンゴが湖をピンク色に染めます。

残念なことに、現在は水質変化や湖面の上昇などで1000羽ほどしかいないようです。



湖は想像以上に圧巻で、ドライブの途中に見た野生のシマウマやシロサイも動物園で眺めるのとは全く違う迫力でした。


次のページ:世界中を飛んだCAの思い出深い場所第一位は?