砂漠並みの乾燥に負けない!潤いをキープする機内での過ごし方 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

砂漠並みの乾燥に負けない!潤いをキープする機内での過ごし方 1/2

機内の湿度は約10〜20%と言われています。この湿度は、カラッカラの砂漠並み!こんな乾燥している中に長時間いたらお肌や髪の毛はどうなるか想像がつきますよね。そんな乾燥に負けない潤いあるフライトを実現する方法をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8714.jpg
砂漠並みの乾燥に負けない!潤いをキープする機内での過ごし方

機内でも潤いをキープして快適に

機内の湿度は砂漠並み。

ロングフライトの場合、それほどに乾燥した空間で10時間以上過ごすことになります。

10時間も過ごすとお肌はカピカピ、髪の毛はパサパサ、手足はカサカサになってしまいます。

せっかくの旅行前にコンディションが最悪になってしまいますね。

そんな機内の乾燥に負けない!潤いをキープする過ごし方をご紹介します。




持ち込むべきは万能オイル1つ

乾燥に打ち勝つあらゆるコスメを機内に持ち込みたいところですが、持ち込める液体物の容量は決まっています。

身の回りの手荷物もなるべく最小限に抑えたいですよね。

お肌も髪も体も全てのケアを怠りたくないからこそ、ぜひ持ち込んでほしいのがどのパーツにも使える万能オイル。

筆者は、ACURE ORGANICSのモロッカンアルガンオイルを持ち込んでいます。

顔、ボディ、ヘアケアにネイルケアまでオールマイティに活躍するのはもちろん、べたつかずにさらっとお肌になじむところもお気に入りです。

乾燥が気になったらすかさずオイルで保湿!

これだけでもずいぶんお肌の調子は違いますよ。 




こまめな水分補給で潤いキープ

機内に入ると、水分補給を忘れがちになります。

CAがサービスしてくれている時だけ飲めばいいと思いがちですが、乾燥している機内ではこまめな水分補給は欠かせません。

できれば常温のお水を飲むのが、おなかへの負担も少ないですよ。




サーモマグで即席ポータブルスチーマー

乾燥した機内に長くいると、お肌の乾燥が気になるだけではなく、喉の調子が悪くなってしまう方もいると思います。

ミストたっぷりのスチーマーがあれば、お肌も喉も快適ですよね。

実はミストは機内でも即席で作ることができます。

まずは、ご自身でお気に入りのサーモマグを持ち込みましょう。

機内でCAにお願いするとお湯を入れてもらうことができ、それだけでポータブルスチーマーが完成です!

サーモマグの蓋を開けておけば常に熱々のミストでお肌や喉を潤おすことができます。

とっても簡単にできるスチーマーなので、試す価値ありですよ。

次のページ:見た目よりも保湿効果重視の方法を試してみては?