2020年に向けて!見たい情報をよりキレイに、臨場感をもって観る方法~4K放送開始~ | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

2020年に向けて!見たい情報をよりキレイに、臨場感をもって観る方法~4K放送開始~

4K対応テレビを買っただけでは4K放送は観られないことをご存知ですか。手軽に始める場合はケーブルテレビ(CATV)がおすすめ。今回はテクニカルでちょっと分かりづらい4Kの始め方を分かりやすくお伝えします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AX0Q1407.jpg
2020年に向けて!見たい情報をよりキレイに、臨場感をもって観る方法~4K放送開始~

画素数が多く、躍動感をより感じられる4K放送が2018年12月ついにスタート!



※出典元:A-PAB


2018年12月に「新4K8K衛星放送」がスタート。

2020年に向けて、より臨場感があるキレイな映像が家庭でも気軽に楽しめるようになりました。

画素数がフルハイビジョンの約4倍。

これまで見ていた映像をさらに美しく、細部まで4Kの高精細な画質で楽しむことができます。

また、家電アドバイザーの鴻池氏によると、ハイビジョンと4Kの違いは、色の範囲が拡大、時間あたりの情報量の増加(30/秒相当(60i)が60/秒に)、色の変化がよりなめらかに、明るさの範囲が拡大と、大きく4点が進化しているとのことです。

これにより、実際に見えている色や動きに近い表現が可能になりました。

夕日の微妙な色の移り変わりや、スポーツなどの素早い動きがより鮮明に見えるなど、臨場感のある映像が楽しむことができます、とのこと。

ますます高画像の4K放送が気になりますね。




4K対応テレビを持っていても、約8割が4K放送を観られない!?

ところがこの高画質映像は、4K対応テレビを買っただけでは観られないことをご存知ですか。

実は、

①4K(対応)テレビ
②4Kチューナー(4Kチューナー内臓テレビをお持ちの方は不要)
③BS・CSアンテナ
④4K対応の宅内配線(ブースター・分配器)

が必要で、初期設置費用を含めると、もろもろすべてで軽く20万円かかってしまいます。

こだわりがある方ならいざ知らず、手軽に始めたい私たちにとってはちょっぴりハードルが高いですよね。




ケーブルテレビへの加入で4K放送が視聴を始めよう!

そこでおすすめなのが、アンテナが不要なケーブルテレビ(CATV)への加入です。

たとえばケーブルテレビ大手J:COMでは工事費0円キャンペーンなどを随時実施しており、お得に始めることも可能です。

月額料金はスタンダードプランで4,980円(税抜/4K放送に対応した専用チューナー利用料別途)にて手軽に利用することができます。

その他加入時のお得なキャンペーンもやっているので、まずはお問い合わせしてみてくださいね。(キャンペーン内容は時期により異なります)

J:COMキャンペーンサイト



これからは”見たい番組”+”コスト”+”手間”で選ぶ時代。 

まずはケーブルテレビでバラエティに富んだ番組数を高画質で楽しむライフスタイルにスイッチすると毎日目にする景色も少し変わるかも!?