朝が苦手なCA(客室乗務員)も実践中!バタバタする朝時間を余裕にする3つの工夫 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

朝が苦手なCA(客室乗務員)も実践中!バタバタする朝時間を余裕にする3つの工夫 1/2

CA(客室乗務員)は朝が得意と思われがちですが、私は朝が苦手です。どうしてもバタバタしてしまいがちな朝の時間を有意義に、余裕をもって過ごす3つの工夫をご紹介いたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
6373.jpg
朝が苦手なCA(客室乗務員)も実践中!バタバタする朝時間を余裕にする3つの工夫

CA(客室乗務員)も朝が苦手!?

夜遅くまで仕事をしていたり、夜型人間で朝が苦手という方は多いかと思います。

私もCAではありますが朝が苦手ななので、気持ちはよく分かります。

忙しい朝は、1分1秒が勝負!

そんな私たちのための朝バタバタしない、余裕を作り出す工夫を3つご紹介します。

朝時間に余裕を持つ工夫1:準備は前日に仕込む

何事も下準備が大事ですよね。

翌日の準備も同じです。


着る服や持っていくものは、あらかじめ前の日に用意しておきましょう。

荷物に関しては、当日になって用意すると、忘れ物をする原因にもなりかねません。

そうならないためにも前日に確認しておくのがおすすめです。


私は洋服は着替える場所に全てまとめて置き、 履いていく靴も玄関に用意します。

そうすることで朝コーディネートに悩んだり、洋服を探しだすようなタイムロスをしないで済むからです。

また、荷物は必要なものはあらかじめバッグの中にセットしておきます。


CA時代、ステイ先でも同じようにしていました。

国内線乗務の際は、毎日宿泊するホテルが変わるため、忘れ物をしてもすぐに取りに戻ることは出来ません。

さらに忘れ物をすることで他のクルーに迷惑をかけることになります。

前日にしっかりチェックし、当日はすぐに部屋を出られるようにしていました。

次のページ:タイムロスをしない具体的な方法とは