マスキングテープで簡単!食卓を格調高くする3つの方法 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

マスキングテープで簡単!食卓を格調高くする3つの方法 1/2

この頃よく見かける可愛い絵や模様のマスキングテープ。「みんなどんな使い方してるの?」と思うことありませんか。今回は、そのマスキングテープで食卓に季節感をプラスし格調高く演出する方法をご紹介します。ただ貼るだけなので不器用さんでも簡単です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
6319.jpg
マスキングテープで簡単!食卓を格調高くする3つの方法

マスキングテープってそもそも何?

マスキングテープは、そもそもは塗装などの際、それらがはみ出して作業箇所以外を汚さないようにするために貼る、保護用のテープです。

それが今や可愛い色調やイラストなどのものが続々と売りだされ、雑貨として文房具愛好家の間に爆発的な人気が出てきました。

今は、リボンより気軽に使えるとコレクションする方も多いようですね。

今回は、マスキングテープでおもてなしがワンランクアップする簡単な演出方法をご紹介しましょう。


(1)お箸やスプーンを一気に格調高く


お客様をもてなす時、必ず必要なものは、お箸やカトラリー。

でもなかなかセットで揃ったものがなく、ましてやお客様用なんて持ち合わせがないわ!という方がほとんど。

そんな時・、割り箸やプラスティックのカトラリーでももてなす側の気持ちが伝わる演出があります。

割り箸の箸帯として使う方法です。




割り箸をそのままではやはりお客様には出しにくいもの。

そこで登場するのがマスキングテープ。

和紙を巻いた上からマスキングテープで留めます。この時季節感のあるものを選ぶといいでしょう。
無表情な割り箸が、一気に格式高くなりますよ!


ちなみに箸帯のマナーに触れましょう。

割り箸を割る時は、箸帯は破らないでそっと抜きます。
破ることは、そのお店やご一緒した方々との縁を切るという行為。

お店でそれをやったら「もう二度とこのお店に伺いません」ということになってしまいます。

気をつけてくださいね!

次のページ:箸置きに貼るだけ!簡単に季節感の演出を