芯があって美しい!パリジェンヌ的ワンランク上質な人生を生きる秘訣 | キャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア - CA Media

3000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア

芯があって美しい!パリジェンヌ的ワンランク上質な人生を生きる秘訣

矢野 亜希子

おしゃれにシンプルに、人生をめいっぱい楽しむフランス人女性。今日はパリが大好きで在住経験もある私が、パリジェンヌのライフスタイルをヒントに、もっと楽しく美しく上質に生きる秘訣をご紹介したいと思います。

パリジェンヌのライフスタイルには人生を楽しむヒントがたくさん!

おしゃれにシンプルに人生をめいっぱい楽しむフランス人女性。

芯をしっかりと持って颯爽と生きるその姿はとても魅力的ですよね。

今日はフランスが大好きでパリ在住経験もある筆者が、パリジェンヌのライフスタイルをヒントにもっと楽しく美しく上質に生きる秘訣をご紹介したいと思います。




公園やテラスでリラックスする



お天気の日、パリのリュクサンブール公園や、ビュットショーモン公園に訪れたことがありますか?

パリジェンヌたちは、暇さえあれば太陽を求めて公園で過ごします。

街中のカフェでも、テラス席が圧倒的に人気。

同じコーヒーでも、カウンター→室内→テラス席の順で値段が高くなるんですよ!

太陽や風、木々の緑を感じながら、忙しい一時の合間に、ちゃんとリラックス。

心身ともに健康であるための大切なポイントです。

明日からは、少しだけ早起きしたり、お昼休みを使って、公園で風を感じてみてはいかがでしょうか?




何事にも意見を持つ



フランスでは、友達同士のお茶会でも、政治や文学などの難しい話題でも熱く議論を交わします。

「自分らしさ」が何より大切な国なのです。


「あの子がそう言うから、きっとそうだろう」は、卒業してみませんか?

どんなことに対しても、自分だったらどうだろう?と考えて、自分の思いを口に出しましょう。

それだけで、パリジェンヌには欠かせない「自分らしさ」が、内側からどんどん輝きます。

もちろん相手の意見を頭ごなしに否定するのはマナー違反。

「あなたはどう思う?」と問いかけたり、「それは考えてなかった!あなたの意見も素敵ね!」など、相手を尊重している姿勢を伝えることも忘れずに。 




物を大切にする



パリジェンヌは、気に入ったものを長く大切に使います。

お気に入りの皮の手帳ケースを毎年使っていたり、 お母さんやおばあちゃんに譲り受けたアクセサリーやバッグも、とてもオシャレに身につけていたり。

好きなもの、良いものを大切に扱うことが、エレガントな身のこなしにもつながります。

本当に大切なもの以外は持たず、シンプルに生きることもパリジェンヌへの近道です。

次のページ:絵になるようなパリジェンヌの休日の過ごし方



矢野 亜希子

こんにちは! 元CA、現在IT関係の会社代表をしている矢野亜希子です。 大学生の頃からフランスが好きすぎて、パリに2年住んだ後は、東京のプチ・フランスとよばれる神楽坂近くに住んでいます。現役の頃は、長期休みはほとんどパリで過ごしていました。何事にも自分の意見を持ち 、まっすぐ生きるフランス人。女性がしっかり活躍できるフランスという国、その深い文化が大好き。もう10年近く、フランスには毎年訪れています。CAメディアでは、特にフランスについて、パリジェンヌの生き方について、日本で感じられるフランスの魅力についてなどを書いていきたいなと思っています。 CAとしての乗務の経験は2年半。国内線のみでしたが、現役の頃に得た「旅が好き」という気持ち、機内でお客様と心を通わせて聞いた意見、オフに気軽に世界各地を飛び回った経験などが、今の自分のあり方に大きく繋がっています。これまでに訪れた国は23カ国。現在は起業し、旅そのものや世界各地の魅力を伝えられたらと、あたらしい旅先の過ごし方を見つけられるWebサービス「TABITICKET」を運営しています。時々、フランス語通訳としても活動。ライフイベントやプライベートも大切にしながら、好きなことで輝ける「女性らしい働き方」を模索中なので、そういった発信もできれば幸いです。 趣味は旅と写真と、ものづくり。家にいる時間は、なるべくクリエイティブでいようと心がけています。たくさんの人にフランスの魅力、旅のおもしろさなどをお伝えできれば嬉しいです。よろしくお願いいたします。

SCROLL