憧れの海外移住!海外を知り尽くしたCAが考える世代別おすすめの海外移住先 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

憧れの海外移住!海外を知り尽くしたCAが考える世代別おすすめの海外移住先 1/2

海外に住んでみたいと思ったことはありますか?憧れの国に住むには何が必要なのでしょう。世代別に見るビザの種類や、CAおすすめの海外移住先を紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
9524.jpg
憧れの海外移住!海外を知り尽くしたCAが考える世代別おすすめの海外移住先

憧れの海外移住!可能性はある?

外務省の統計によると、海外在留邦人の数は約135万人となり、過去30年で約2.3倍となりました。

地域別では、北米が全体の37%、アジアが29%、西欧が6%と全体の8割を占め、国別では1位米国、2位中国、3位オーストラリア、4位タイ、5位カナダと続いています。


筆者は海外への憧れからCAになって、仕事を通して海外を知ることができ、結婚後は海外駐在で短期滞在ではできないであろう楽しみや苦労など、良い体験をしました。

そして、今後も海外に住みたいと思っています。

いつか海外に住みたい!と思っていても日々の生活に追われなかなか難しい現実もあるでしょう。

しかし、留学や移住に年齢制限はなくいくつになっても可能性はあります。

どのような方法があるのか、世代別に見ていきましょう。




学生世代におすすめなのはオーストラリア

一般的に、学生や若い世代は学生ビザやワーキングホリデイビザを取得すれば長期滞在できる国があります。

ここでは、CAのステイ先としても、移住先としても常に人気のオーストラリアを例にして見てみましょう。



学生ビザ

政府認定校のコースをフルタイムで受講し一定の出席率クリアを条件に、期間中オーストラリア国内に滞在可能。

加えて、学生ビザ取得者には労働許可が付与されるのでアルバイトも可能です。

また、生活資金、英語力、健康状態、海外留学学生保険への加入、年齢、家族構成などを申請し、ビザや法律のルール順守が必要となりますので気を付けましょう。



ワーキングホリデイビザ

オーストラリアで働き、学び、旅行するなど自由に過ごせるビザで、18〜30歳の年齢であることが条件です。

バックパッカーなどは、この「ワーホリ」を使って世界を旅し続けている人が多いですね。

原則として、一雇用者のもとで6か月まで働くことが許されており、資金を得ながら最長17週間語学学校に通うことができるのがとても魅力的な制度です。




仕事で海外移住できる可能性が高い現役世代

社会人でも条件を満たせば上記のビザでも渡航できますが、国内企業に在籍したまま海外駐在員になるとワークビザが取得できます。また、外資系エアラインの海外ベースCAのように、海外企業に就職してビザを取り現地に住む人もいます。


国内企業からの駐在の場合、誰でも好きな場所に行けるとは限りません。

しかし、就職する際に商社など海外駐在の可能性の多い国内企業に的を絞ったり、語学力を伸ばしておくといった準備は無駄にはならないはずです。

家族帯同の駐在も多く、家賃や学費などの費用補助など企業によっては手厚い制度もあり、家族でさまざまな経験を得る機会になります。


次のページ:セカンドライフは海外で過ごしたい!リタイア世代におすすめの国は?