お酒好きCA(客室乗務員)も気を付けている!楽しくお酒と付き合うために知っておくべきこと3つ | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

お酒好きCA(客室乗務員)も気を付けている!楽しくお酒と付き合うために知っておくべきこと3つ 1/2

イベントにお酒は欠かせないもの。特にこの季節はわいわい集まってお酒を飲む機会も多いですよね。お酒好きCA(客室乗務員)も気を付けているお酒の飲み方についてお話します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
9234.jpg
お酒好きCA(客室乗務員)も気を付けている!楽しくお酒と付き合うために知っておくべきこと3つ

イベントには欠かせないお酒

12月に入り、忘年会やクリスマスなどイベントシーズンに突入しましたね。

イベントと言えば、お酒はつきもの。

今回は楽しい会にするために知っておくと良い、お酒との付き合い方について気をつけたいポイントをお話します。




知っておきたいことその1:お酒の強さ

ワイン、ビール、焼酎など、たくさんの種類がありますが、それぞれのアルコールの強さ=アルコール度数(%)はご存知でしょうか。

なんとなく「強そう」とか「弱そう」と予想がつくものもあるかと思います。

アルコール度数(%)とは、アルコール飲料に含まれるエタノール体積の割合のことを言います。

この割合が高いと、「強いお酒」ということになります。

ちなみにエタノールはアルコールの一種のことです。

では、ビールをはじめとするアルコール度数(%)を見てみましょう。



ビール 5%

ワイン 12%

清酒 15%

ウィスキー・ブランデー 43%

焼酎 55%



焼酎ともなると、ストレートだと飲料の半分以上がエタノールだということになります。

こうして改めて数字で見ると、驚きますよね。

しかし、飲み方を選べば濃度を下げることができます。

詳しくは、この後の項目でご説明致します。

このようにお酒の強さを目安として知っておくことで、飲み過ぎによる失敗を防げるかもしれません。



知っておきたいことその2:個人差があるアルコール分解力

皆さんの周りにも、お酒が強い人・弱い人がいらっしゃるかと思います。

そもそも「お酒が強い・弱い」とは、どういうことを言うのでしょうか。

お酒を飲むと胃と小腸からアルコールを吸収し、脳神経機能が麻痺します。

これが「酔う」ということです。

そこから、体内では酵素によりアルコールが分解され酔いが醒めていきます。

しかし、この分解酵素の作用は人によって異なるのです。

アルコールの分解が早い人がお酒の強い人、遅い人が弱い人ということです。

一般的に欧米人よりも日本人の方がアルコールの分解が遅いため、日本人はお酒が弱いとされています。

もちろん人種だけでなく、遺伝など体質によっても変わります。

男性よりも女性は分解速度が遅いので、飲みすぎないように気を付けた方が良いでしょう。


次のページ:失敗しないお酒の飲み方