元CA(客室乗務員)マナー講師直伝!美しい立ち居振る舞いの秘訣は内くるぶし? | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

元CA(客室乗務員)マナー講師直伝!美しい立ち居振る舞いの秘訣は内くるぶし? 1/2

空港内を歩いているCAや乗務しているCAを見て、姿勢がいいなぁと思ったことはありませんか?実は、CAもどのような立ち居振る舞いが美しく見えるのか、日々研究しています。今回は、美しい立ち居振る舞いについて詳しくお伝えします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AX0Q1671.jpg
元CA(客室乗務員)マナー講師直伝!美しい立ち居振る舞いの秘訣は内くるぶし?

姿勢は印象を左右する?基本の姿勢

まず、美しい立ち居振る舞いの第一歩は、正しい姿勢です。

小さい頃は多くの人が正しい姿勢だったはず。

でも、長年の様々な生活習慣によって、だんだんと姿勢が崩れてくるのです。

正しい姿勢で生活することは、見た目に美しいだけでなく、腰痛や肩こりなどの体の悩みの改善にも効果を期待できます。

マナー講師の筆者が、美しく正しい立ち居振る舞いの秘訣をお教えします。




美しい基本姿勢のポイント

・頭は上から引っ張られるような感覚で、肩と耳を一直線上にする。

・肩の力を抜き、耳からできるだけ遠ざける。

・軽くあごを引き背筋を伸ばす。

・お腹を引っ込め、おしりを引き締める。

・膝を伸ばし、足の親指の付け根、小指の付け根、かかとにバランスよく体重が乗るようにする。


この姿勢をとると、左右の内くるぶしが自然と寄り合います。この感覚が大切!

体重が足の小指側に逃げてしまうと、ひざが曲がり、見た目にも美しくありません。

インナーマッスルが働いていないので、下半身太りの原因にもなってしまいます。

姿勢が悪いと、明るく前向きな性格の方でも、内向的でとっつきにくい印象を与えかねません。

内くるぶしを寄せ合う意識、忘れずに!




待ち合わせでも気を抜かずに!目を惹く美しい立ち方のポイント

・両足を軽く前後左右に開き、均等に体重を乗せる。

・つま先を正面から約45度外側を向ける。

・お腹を引っ込め、お腹を引き締める。

・背筋を伸ばす。


待ち合わせの時、片足重心になり、スマートフォンを操作している女性をよく見かけます。

これは美しい立ち方とは言えません。

片足重心になると、骨盤のゆがみが生じ、下半身太りや、左右の足の長さが変わる原因となることもあります。


両足を軽く前後左右に開き、左右の足裏に均等に体重を乗せると、重心は自然に左右の内くるぶしに集まり、美しい立ち方になります。

待ち合わせの相手だけでなく、他の男性に声を掛けられてしまうかもしれませんね。


次のページ:歩き方をワンランクアップしてパートナーが自慢できる女性に!