中東の夏を乗り越えた元CAが伝授!熱帯夜にぐっすり眠る方法 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

中東の夏を乗り越えた元CAが伝授!熱帯夜にぐっすり眠る方法 1/2

関東では梅雨が明け、暑い日が続くと同時に熱帯夜も続いていますね。暑くて寝苦しいと良質な睡眠も確保できなくなります。中東で50度を越す真夏を乗り越えた筆者が熱帯夜にぐっすり眠る方法を伝授します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8803.jpg
中東の夏を乗り越えた元CAが伝授!熱帯夜にぐっすり眠る方法

夏のだるさとと睡眠

異例の早さで梅雨明けをし、どんどん蒸し暑くなってきましたね。

体調管理をしっかりしないと、全身のだるさや疲れがとれなかったり、胃腸の調子が悪くなり食欲がなくなったりと、どんどん体力が奪われてしまいます。

睡眠は夏さによって奪われた体力を回復するもっとも簡単で、効果的な方法です。

ただ、暑い夏、なかなかぐっすり眠れないのも事実。

今回は、夏の暑さを乗り越え夏の体調不良を防ぐために、快適な睡眠環境を作るアイディアをご紹介します。




快適な温度

ぐっすり眠るために大切なのは、寝室を快適な温度にすること。

睡眠中は体温が下がるので、クーラーをつけたままでは今度は寒くなってしまいます。

ですので、寝る前に部屋を冷やしておき、眠る時にはスイッチを切ったり、タイマーでスイッチが切れるようにしておくのがおすすめです。

寝る時の温度は26~28度くらいが最適だそう。

直接体に風を当てるのだけは絶対にやってはいけません。

直接冷たい風が体に当たると体の表面の熱が奪われ続けることになり、体は体温を保つために寝ている間中フル回転させられることになります。

これでは寝ている意味がなくなり、かえって体を疲れさせてしまいます。




風の流れを作る

同じ温度でも空気が流れている状態、つまり風が当たると涼しく感じますね。

エアコンと一緒に扇風機を利用するのがオススメです。

エアコンと同じく、直接体に当てるのは厳禁。

壁に当てるなどして、優しい風の流れを作りましょう。




除湿をして快適な湿度に

湿度が下がれば同じ温度でも涼しく感じます。

理想は、湿度50~60パーセント程度。

除湿をすると室温を下げてしまうタイプの冷房もあるので、その場合は、厚手の布団や長袖長ズボンで寝るなどの工夫をすと良いかもしれませんね。


次のページ:クーラー以外でも快適な睡眠環境は作れる!