アメリカの食生活を覗き見!ソウルフードはピーナツバター | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

アメリカの食生活を覗き見!ソウルフードはピーナツバター 1/2

今の日本は食文化も欧米化して日本で食べられないものはありませんが、やはり食べ方は色々!今日は、アメリカ系航空会社の元CAがアメリカ生活で出会ったアメリカのソウルフードピーナツバターについてご紹介いたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
6986.jpg
アメリカの食生活を覗き見!ソウルフードはピーナツバター

ところ変われば食生活も変わる

私が働いていたのはアメリカ系のエアラインなので、クルーはほとんどアメリカ人でした。

もちろん、私達日本人とは食文化が異なり主食はパンやジャガイモ、ご飯ではありません。

海外生活の経験がなかった私でも食文化の違いは理解していましたし、パンも大好き!

それでもさすがに和食が恋しかったり、改めて和食の良さを感じたり、洋食ばかりの毎日にご飯が食べたい!!と思う日々の連続でした。


渡米後最初の頃は、食べたことのない物の連続で「美味しいのよ」と言われておっかなびっくり食べてみたりしていました。

しかし、生活していくうちに意外にもはまってしまったものがあったり、レストランで味わうのとは違う日常の味を知ることができました。

日本に帰国した今でも、輸入食材店がたくさんあるのでアメリカの味を思い出して料理をしています。


そんなアメリカで主役級の人気を誇るのは何かご存知ですか?

それはピーナツバター!

誰もが大好きなピーナツバターはまさに私のアメリカの味。

アメリカ的ピーナツバターの楽しみ方をご紹介いたします。





みんな大好きピーナツバター

日本にもピーナツバターはもちろんありますがどちらかというと甘くてとろっとしたピーナツバターが多いですよね。

アメリカのピーナツバターはちょっと違っていて、どちらかというとゴマペーストのような感じで種類も豊富です。



クリーミーなもの、固めのねっとりしているもの。

ピーナツのかけらが入ったクランチなもの。

砂糖の入ったもの、砂糖の入っていないもの。

シナモンフレーバーのもの、チョコレート入りのもの、ハチミツ入りのもの。

更には減塩、低脂肪など、スーパーにいけば本当にたくさんの種類のピーナツバターがあります。

自宅でピーナツバターを手作りしている人もいるくらい!

種類豊富で手作りする人もいるだけにピーナツバターもそれぞれのこだわりがあり、好きなブランドもそれぞれの好みがあります。


次のページ:アメリカ人はこう食べる!ピーナツバター&ジェリーサンドイッチにお野菜にも