ちゃんと使いこなしてる?超便利な塩麹の魅力と絶品レシピ3選 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

ちゃんと使いこなしてる?超便利な塩麹の魅力と絶品レシピ3選 1/2

近年ブームになった調味料の一つ、塩麹。「実は使い方がよくわからない」という方のため、一度使ったら手放せない塩麹の魅力と、簡単に料理がランクアップする絶品塩麹レシピ3つをご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5990.jpg
ちゃんと使いこなしてる?超便利な塩麹の魅力と絶品レシピ3選

塩麹で料理をランクアップ!

塩麹とは、塩、麹、を混ぜて発酵・熟成させた日本の伝統的な調味料です。

昔の日本では、家庭で味噌を作るのが当たり前だったように、麹に塩と水を混ぜた漬け床を作っていたのです。
今は、“塩麹”という名前で調整して作られるようになり、スーパーでも簡単に手に入るようになりました。
便利な世の中になりましたね!


色々なお料理に塩の代わりに入れると、塩味だけでなく甘味やうまみ、麹のほのかな発酵の香りが加わって、一段と美味しくなるのです。

肉の下味つけ、魚の塩焼き、煮物や汁物の仕上げにと、使ってみると意外に便利です。塩麹をいつものお料理に取り入れて、日々のお料理をランクアップしてみませんか?


(1)そもそも塩麹って?

防腐剤も冷蔵庫もない昔、麹には食品の保存性を高める役割があり、また食品のうまみを増すという効果がありました。

麹が優れているのは、消化酵素を出して食材を変える力があるということ。麹が生み出す消化酵素には数えきれないほどの種類があります。

中でも三大消化酵素とされるのが、でんぷんをとうに分解して甘味を出す「アミラーゼ」、たんぱく質をアミノ酸に分解してうまみを出す「プロテアーゼ」、脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解して脂っこさをなくし、あっさりさせる「リパーゼ」です。


これらの消化酵素が働くことで、塩麹につけると肉や魚は柔らかくなり、中まで味が浸透しやすくなるのです。

ただつけるだけで、甘味、うまみ、コクが増し、脂っこさをなくすことができるなんて、素晴らしい調味料ですね!


 


では、塩麹を使って誰にでもできる簡単レシピをご紹介しましょう!!



【きゅうりの塩麹漬け】(2人分) 


きゅうり1本を輪切りにして、一晩大匙1杯の塩麹につけるだけです。
暑い夏にもぴったりの一品。


次のページ:簡単なのに旨みアップ!お肉・お魚料理