ハロウィンパーティーにも!簡単&可愛いハロウィンテーブルコーディネート術 | キャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア - CA Media

3000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア

ハロウィンパーティーにも!簡単&可愛いハロウィンテーブルコーディネート術

磯部 久美子

最近はすっかり市民権を得た行事・ハロウィン。街中には黒とオレンジの洪水!でもハロウィンって何?そんな疑問を持っていらっしゃる方いるのでは?ここではハロウィンについて紐解き、自宅で簡単にできるハロウィンテーブルコーディネート術をお伝えします。 今年は、いつもと違うハロウィンの過ごし方してみませんか。

ハロウィンを楽しもう!

今ではすっかり市民権を得たハロウィン。

クリスマスとともにビックイベントと言っても過言ではありませんね。

でもハロウィンてそもそもなんなのでしょうか?

今回は、それをちょっとだけ紐解いてみましょう!

さらに、ご自宅で簡単にできるハロウィンのテーブルコーディネートやアレンジ法もご紹介します。

クリスマス前の楽しいイベント、みんなで楽しんでみませんか?




ハロウィンとは

ハロウィンとは、キリスト教で11月1日の万聖説の前夜、つまり10月31日に行われるお祭りのことを言います。

秋の収穫を祝い、悪霊等を追い出す宗教的な意味合いのある行事です。

最近では、皆様ご存知のようにこの宗教的な意味合いはどこかに行ってしまって、仮装ををしたり、子供たちがお菓子をもらうお祭りとして楽しまれているようです。


ハロウィンは、アメリカの行事と勘違いしていらっしゃる方も多いかもしれませんが、実はヨーロッパが発祥。

古代ヨーロッパの原住民ケルト族の宗教行事がキリスト教に取り入れられて、現在のハロウィンになりました。


10月31日の夜は、この世とあの世の境目がなくなり、あの世の悪霊、死者たちの霊があの世からこの世にやってくると信じられていました。

それで、人々はそれぞれ仮装して悪霊たちの目をくらまし、自分に乗り移らないようにしたと言われています。

「仲間ですよ」とアピールすることで、難を逃れようとしたのです。




ハロウィンはなぜ黒とオレンジなの?

ハロウィンの色といえば黒とオレンジ。この色は何を意味しているのでしょう?

オレンジは収穫を表し、黒は冬の長い夜や死を表しているそうです。

10月31日は、夏の終わりであり冬の始まりです。

ケルト歴の新年、元旦に当たるのです。

この日には、死者の霊がこの世に戻ってきます。

収穫を祝うオレンジと、死者の霊を鎮める黒がシンボルカラーになったようです。

このオレンジと黒、大胆な色合わせですが、逆にこの2色を使えば、すぐにハロウィンの雰囲気を演出できるということ。

さあ、パーティーに女子会に!

いつもと違う演出で楽しいハロウィンパーティーをしましょう! 

次のページ:自宅が一気にハロウィン仕様に!簡単テーブルコーディネートのポイント


SCROLL