CA(客室乗務員)の将来像はどんな感じ?CAだからこそ考えたい将来への4つの備え | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

CA(客室乗務員)の将来像はどんな感じ?CAだからこそ考えたい将来への4つの備え 1/2

「CAの仕事が大好き、でもいつまでCAを続ける?」現役CAの方なら一度は考えたことがあるのではないでしょうか。CAならではの将来への備えについてお話します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
9569.jpg
CA(客室乗務員)の将来像はどんな感じ?CAだからこそ考えたい将来への4つの備え

CAの将来像、考えている?

不規則なCAの仕事はあっという間に1か月、半年、1年が経ってしまいます。

楽しい時間、充実した時間を過ごしながらも、ふと自分の老後を考えるとお金、病気、生活と漠然と不安になりますよね。CAも同じです。

乗務において健康な身体が必要とされるCAは、将来のことを考えている場合が多いのも事実です。

どんな風に将来のことを考えておけば安心なのでしょうか。

現役のうちに考えておくべき4つのことをお話します。

もちろん、CAに限らず、社会で働くどんな方でも立ち止まって考えておくと良いことですよ。




人生のお手本を見つける

人生100年とも言われる今の時代では、「まだ早い、まだ何歳」と思うことが多いですよね。

なかなか、具体的には年を重ねたいイメージが湧かないかもしれません。

だったら、お手本を探してみるのも1つの方法です。

身近な人、芸能人、外国の有名人など、「こんな風に年を重ねたいな」という人を探して、自分が年齢を重ねた時にどうなっていたいかの目標を持つと、イメージが湧きやすくなります。

そんな風にして、なんとなく自分の未来を考えているCAも多くいます。




不安や計画を書き出してみる

病気や収入など、漠然とした不安は書き出してみましょう。

特に、CAは病気やけがなどの場合はフライトを休まなくてはいけません。

例えば、病気が心配なら、保険がどれぐらいおりるのか、入院したときに十分な補償があるのか、しっかりシュミレーションして対策をすれば、不安も解消されます。

病気になった時に収入に関して不安な場合は、保険でもらえる金額もきちんと調べておきましょう。

病気や怪我は予期せぬ時に起こります。前もって色々なことをシュミレーションしておくと安心できますよ。

シミュレーションしておけば、あといくらぐらい貯蓄をしたら良いか、も計算しやすくなりますね。    


次のページ:計画は中長期的なものも必要