時間を自由自在にコントロール!CAに学ぶタイムマネジメント力 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

時間を自由自在にコントロール!CAに学ぶタイムマネジメント力 1/2

CA業務で必要とされるタイムマネジメント力。そのスキルがあれば、オンもオフもさらに充実!タイムマネジメント力を味方につけるヒントをお話します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7185.jpg
時間を自由自在にコントロール!CAに学ぶタイムマネジメント力

先を読み逆算する力、タイムマネジメント力

CAに必須のスキルの一つでもある、タイムマネジメント力。

定時運航、緊急事態、サービスにおいても、タイムマネジメントは重要で、CAは時間を逆算して行動したり、物事の優先順位を考え取捨選択したりしながら、仕事を進めています。

タイムマネジメント力を身につけることで得られるメリットや、身につけるにはどのようなことを意識すれば良いのかをご紹介致します。




メリット1:自由時間の増加

タイムマネジメント力をコントロールすることで得られる一番のメリットは、自分の自由に使える時間が増えることだと思います。

タイムマネジメント力が身に付くと、仕事や家事を効率よく進めることができるようになります。

そうすることで作業時間が減り、余った時間を他のことにあてることができますよね。

その結果、自分が自由に使える時間も増えるのではないでしょうか。




メリット2:心の余裕

次に、心にも余裕が生まれます。

やることに追われる毎日が続くと、心も疲れてしまいます。

しかし、タイムマネジメントをうまくできるようになれば、やるべきことをやるべきタイミングで行うことができるため、締切日などの期限の直前になっても慌てることがなくなります。

その結果、心穏やかに過ごすことができますよ。




メリット3:周りからの評価の変化

最後に、周りからの評価を得られるかもしれません。

例えば、来週の今日までに上司に提出しなくてはならない報告書があるとします。

さて、あなたならいつ上司に提出しますか?翌日、3日後、それとも締切日……?

「締切日に決まっているじゃない」という声が聞こえてきそうですが、期限通りに提出することが間違っていると言いたいわけではありません。


しかし、期限よりも早く出した方が喜ばれることもあります。

もしもその上司が報告書を確認後、その上の上司に提出する必要があるとしたら、いかがでしょうか。

早めに確認することができれば、仮に内容に不備があったとしても時間に余裕をもって直すことができますよね。

完成度を上げることに繋がるかもしれません。

もちろん書類に不備がないように気をつけることは大前提です。


実際に私は、提出物などは期限より前に完成させて出すように心掛けています。

そうすると「仕事が早くて助かるよ、ありがとう」と言っていただけることもあります。

チームで動く仕事などはタイムマネジメントができることで、周りの人へ貢献することができるのです。

そして、そういったことの積み重ねが評価に繋がるのです。


次のページ:タイムマネジメント力を身に付けるために、心がけたい3ステップとは