風邪の引き始めかも?と感じたら!ホテルでもできるCAの風邪撃退法 2/2 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

風邪の引き始めかも?と感じたら!ホテルでもできるCAの風邪撃退法 2/2

風邪予防と言えば、手洗いうがいは勿論、1に睡眠、2に栄養、そして加湿ですよね。国際線長距離分の機内の湿度は5%にも満たないと言われています。そんな過酷な環境で働くCA達が風邪かも?と思ったら行う風邪撃退法をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AX0Q0182.jpg
風邪の引き始めかも?と感じたら!ホテルでもできるCAの風邪撃退法

あれれ?喉の調子も気になるとき

最初にお話した通り、国際線の機内の湿度は、なんと5%を下回ることもあるくらい乾燥しています。

どんなに体調の良い時でも、CA達は、こまめに水分を取ったり、ブラジル産の「プロポリススプレー」をのどにシュッシュしたりしていますが、少し風邪気味の時にはそれだけでは心配です。

そこでオススメなのが、ニュージーランド産のマヌカハニー。

マヌカハニーは抗酸化作用が高く、喉の炎症にも効果的と言われています。


また、香港基地のCA達がこぞってオススメするのが、香港ではコンビニエンスストアでも目にする「液体のど飴」です。

一つ一つ小分けにされているので、機内に持ち込みやすい点や、衛生的に持ち歩ける点もポイント。

花梨や金柑の様な甘いシロップに漢方の風味が加わった、喉に優しい味わいですよ。

もし香港を訪れる機会があれば、是非試してみてください。




お腹の中から温まりたい!

もし風邪気味の時のステイ先がソウルなら、CAたちが迷わず食べに行くのが参鶏湯。

皆様もご存知の「参鶏湯」は、鶏肉にもち米、ナツメ、ニンニク、漢方などの滋養強壮食材を多く用いた伝統的な韓国の食べるスープ。

韓国線で同乗した機内通訳さんによると、韓国では、夏バテの時によく飲まれているそうです。

しかし、私にとっては、寒い季節になると必ず食べたくなる、身も心も温まるとっておきのスープです。

また、すぐにスープ等が手に入らない場合には、こちらもスーツケースに常備している「生姜チューブ」と、先程お話したマヌカハニーにお湯を注いで、即席の生姜湯を作って飲む事もあります。

どちらも、体の中から温まることのできる一品です。




滞在先でも風邪を治す努力はできる!

いかがでしたでしょうか。

湿度も低く、換気もできない環境で働くCA達。

どんなに気を付けていても、思わぬ時に風邪を引いてしまう事があります。

それが仕事先の外国ですと、帰りの便までに何とか回復しなければ、最終的には、日本から交代要員を呼ばなくてはならない事態に発展してしまいます。

その為、どんなに些細な風邪のサインも見過ごさず、世界中で集めた風邪対策アイテムを駆使して、全力で回復に努めるのです。

まだまだ厳しい寒さが続きますが、皆様も、「おや?風邪かな?」と思ったら、軽いうちに是非試してみてくださいね。




併せて読みたい

寒い冬、CAは何を飲んでいる?冷えに効く日常の飲み物を紹介

CA流ホテルでの乾燥対策!乾燥との闘いはフライト後も!?

機内で耳が痛くなってしまったら・・・自分でできる6つの対処術