乾燥した機内でお肌がカピカピにならないためのスキンケアのコツ | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

乾燥した機内でお肌がカピカピにならないためのスキンケアのコツ 1/2

乾燥したらクリームはNG!?砂漠以上に乾燥していると言われている飛行機の機内で、カピカピ肌にならないためのスキンケアのコツを伝授します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8950.jpg
乾燥した機内でお肌がカピカピにならないためのスキンケアのコツ

メイクを落としたらスキンケア!機内でのスキンケアのコツは?

前回、機内でのメイク落としの最適なタイミングや方法についてご紹介いたしました。

今回は、メイク落としのその後、さらに大切なステップである機内でのスキンケアのコツをご紹介いたします。




飛行機の中は砂漠以上に乾燥している!

機内でのお肌の保湿方法をお伝えする前に、まずはそもそも機内がどのくらい乾燥しているかということについてお話します。


なんと機内の湿度は20%以下!

長距離フライトになるとさらに下がり10%以下になることも。

砂漠の湿度は20%程度と言われているので、機内は砂漠以上に乾燥しているということになります。

美肌のために良いとされている湿度は60%~65%程度と言われているので、機内の湿度がどれだけお肌のために良くないかがよく分かりますよね。

そんな機内で地上と同じように過ごしていれば、飛行機を降りたときに肌がカピカピになってしまって当然です。

ここではそんな乾燥の激しい機内で効果的な、お肌の保湿ケアの方法をご紹介します。




「乾燥したらクリーム」はちょっと待って!

機内での乾燥対策というとまず保湿クリームを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。もちろんそれは間違いではありませんが、その前に忘れてはならない大切なことがあります。

それは水分補給

乾燥してバリバリになってしまった肌にはいくらたっぷりクリームを塗ってもなかなか浸透していきません。

例えば冬場に乾燥した手にハンドクリームを塗っても表面がテカテカするだけで、奥の方までは潤った気がしないと思ったことはありませんか?顔のお肌も同じです。


乾燥して固くなった肌は、まずは水分をたっぷり補給して柔らかくすること。クリームで油分を補給するのはそれからです。

機内では乾燥したらとりあえずクリームという方が多いのですが、普段のスキンケアのように化粧水、美容液で保湿した後にクリームを塗ることで格段に潤い方が違ってくるはずです。




次のページ:機内でさらに保湿力をアップしてくれる身近なアイテムとは