元中東系CAが解説!今イスラム教圏に旅行するなら知っておくべきラマダン基礎知識 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

元中東系CAが解説!今イスラム教圏に旅行するなら知っておくべきラマダン基礎知識 1/2

2019年も、イスラム教の国々ではラマダンが始まりました。ラマダンとは何なのか、旅行する時の注意すべき点など、元中東系航空会社で働いたCAがラマダンの基礎知識をお話します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
6940.jpg
元中東系CAが解説!今イスラム教圏に旅行するなら知っておくべきラマダン基礎知識

「ラマダン」って何?

ラマダンとは、イスラム教における断食月のこと。地域によっては、ラマダーンと伸ばして発音します。

イスラム歴の9月のことを指します。

イスラム歴は、太陽暦より11日短いので、毎年ずれていきます。

この約1か月間、イスラム教徒は、日の出から日の入りまで、断食をします。

敬虔なイスラム教徒は、つばを飲み込むことさえもしません。

このラマダン、なんとなく聞いたことがあるものの、ちゃんと理解している人は少ないのではないでしょうか。

イスラム教圏が多い東南アジアはもちろん、旅行先としてドバイなど中東の人気も高まってきた今だからこそ、旅行客でも知っておくべきラマダンの基礎知識を解説いたします。




なぜ、断食をするの?

イスラム教では、5つの義務・「五行」があります。

その五行とは、

・シャハーダ(信仰告白)

・サラート(礼拝)

・ザカート(喜捨)

・サウム(斎戒)

・ハッジ(巡礼)


を指します。

つまり、イスラム教徒はこの5つの義務・「五行」を遂行しなくてはいけないのです。



4番目のサウムと呼ばれるものが、ラマダンの期間に行われる断食のこと。

正確には、食事、水分摂取、喫煙、性交渉、悪口、けんかなど、全てNGです。


辛そうなイメージですが、イスラム教徒にとっては待ちに待った素晴らしい1ヵ月なんです。

「ラマダンカリーム!」(ラマダンおめでとう!)

「ラマダンムバラク!」(素敵なラマダンを!)

「ハッピーラマダン!」(幸せなラマダンを!)

イスラム教のお友だちがいらっしゃったら、ぜひ、上記のようなお祝いの言葉を伝えてくださいね。




ラマダン中によく耳にする「イフタール」って何?

ラマダン中、日の入りをむかえ、最初に口にする食事のことを「イフタール」と呼びます。

機内でもラマダン中 のイスラム教の国へのフライトでは、「イフタールボックス」を用意しています。

こちらは、機内では時間の関係で食事ができないお客さまのために、持ち帰って食べていただくもの。

中身は、ヨーグルトやデーツ(なつめやし)などおなかに優しいものが中心です。




次のページ:旅行に行くならラマダン中はこんなことに気をつけて!