第5回:一生に一度は行くべき!CAオススメ世界の絶景ガイド「チチェン・イッツァのピラミッド」 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

第5回:一生に一度は行くべき!CAオススメ世界の絶景ガイド「チチェン・イッツァのピラミッド」 1/2

ここでは世界中を飛び回るCAが「行ってよかった!」と思う、人生で一度は行きたいおすすめ絶景をご紹介いたします。第5回目は、数々の仕掛けが隠されたマヤ文明の遺跡のうちのひとつであり、新・世界七不思議にも選出されているメキシコのチチェン・イッツァのピラミッドをご紹介いたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8753.jpg
第5回:一生に一度は行くべき!CAオススメ世界の絶景ガイド「チチェン・イッツァのピラミッド」

CAオススメ絶景ガイド!「メキシコ/チチェン・イッツァのピラミッド」

ここでは世界中を飛び回るCAが「行ってよかった!」と思う、人生で一度は行くべき絶景をご紹介いたします。

第5回目は、数々の仕掛けが隠されたマヤ文明の遺跡のうちのひとつであり、新・世界七不思議にも選出されているメキシコのチチェン・イッツァのピラミッドをご紹介!




チチェン・イッツァとは



メキシコ・ユカタン半島に数多く残るマヤ文明を代表する遺跡で、世界遺産にも登録されています。

チチェン・イッツァとはユカタン語で「イッツァ人の湖の畔」を意味しているそうです。



そのチチェン・イッツァを代表するピラミッド、エル・カスティーヨには様々な仕掛けが隠されています。

例えばピラミッドに向かって手をたたくと、その音が反響し現地の鳥の鳴き声かのような独特な音で返ってきます。





ピラミッド北側の階段の下部には、「ククルカン」と呼ばれる蛇の姿をした神の頭像があります。

一年に二度、春分と秋分の日の太陽が沈む時、この階段にピラミッド側面の影ができます。

それが頭部分と合体し胴体と見えることから、マヤの最高神・ククルカンが舞い降りてきたかのように映ります。

この現象は「ククルカンの降臨」と呼ばれ、この特別な姿を一目見ようと世界中から旅行者が訪れるそうです。




チチェン・イッツァのピラミッドまでの行き方

チチェン・イッツァのあるメキシコ・ユカタン半島へは、日本からアメリカ経由で行かれる方が多いのではないかと思います。

筆者はアメリカ・ロサンゼルス、マイアミを経由して、ユカタン半島にあるメキシコ・カンクンへ行きました。


カンクンからチチェン・イッツァへは、バスツアーに参加するのが一般的かと思います。

ツアーは毎日開催されており、春分と秋分の日以外は現地に着いてから簡単に申込ができます。

ツアー中は現地ガイドの方がマヤの歴史について細かく説明してくれるので、とても勉強になります。

英語またはスペイン語でのツアーが大半ですが、日本人ガイドの方のツアーもあるようなので、英語が苦手な方でもしっかりとマヤの歴史について学べるかと思います。


次のページ:遺跡と一緒に巡りたい聖なる泉