表現力や文章力の向上も期待!心も動かされる読書の魅力 2/2 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

表現力や文章力の向上も期待!心も動かされる読書の魅力 2/2

生活が豊かになり、娯楽も増え、活字離れの進んでいる現代・・・みなさま本を読んでいますか?心の豊かさだけではなく仕事への実益も期待できる読書の魅力を、選び方・読み方をあわせてご紹介致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7102.jpg
表現力や文章力の向上も期待!心も動かされる読書の魅力

知識が増える



どのような本でも読み終わった後には、きっと新しい知識を得られると思います。


知識が増えると頭の中の引き出しが多くなり、選択肢も増えます。

ジャンルはバラバラでも、色々な知識があれば何かのタイミングでそれらが繋がり、形になることもあります。

それが仕事で役に立ったり、プライベートで話題作りになったりと、必ず実生活で為になる日が来るはずです。

表現力アップ

本を読むことで、様々な表現方法を学べます。

例えば小説なら、同じようなシチュエーションでも作者によって言い回しは違いますよね。

新しい単語に出会えば語彙力もあがります。



表現力があがると的確に言葉にすることが出来るため、自分が頭の中で考えていることが相手に伝わりやすくなります。


うまく言葉にできない苛立ちからも解放され、相手との意思疎通が上手くとれるようになり、コミュニケーション能力があがります。



また、会話だけでなく文章を書く力も付きます。


報告書など文章を書く方にとっては必要なスキルですよね。

仕事ではもちろん、プライベートでも役立つこと間違いなしです。

想像力が豊かに

例えばテレビなどは視覚や聴覚で情報を受け取るだけですが、読書は字を読み自ら想像し、理解することが必要とされます。

小説なら、文章から場面や人物像をイメージし、話の流れを読み取っていきます。

それにより、能動的な力が身につくのではないでしょうか。

これらはすべて読書ならではの体験。

様々な情報が溢れている現代ですが、一度原点の活字に戻ってみませんか?