香港的体を冷やさない習慣 | キャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア - CA Media

3000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア

香港的体を冷やさない習慣

あゆみ

冬本番の時期ですが、皆さんはどのように寒さ対策をされていますか? 香港の人々は、特に食事で体調を整える知恵を活かして冬を乗り越えています。 今回は、この季節に香港で実践されている食の習慣をご紹介します。 もちろん美味しく楽しく食べるのが一番ですが、ちょっとしたポイントで、季節や体調に合った食事になりますよ! スイーツレシピもぜひ試してみてくださいね!

 "温"食材で冷えを解消


秋から冬が旬の上海ガニ。


この時期多くの中華レストランで食べられるんですが、こちらではカニは体を冷やす食材として広く知られています。
そこで、必ずといっていいほどセットで出てくるのがショウガなんです。
ショウガは体を温める食材として定番ですよね。


カニの冷やす作用を打ち消すために、ショウガと一緒に食べたり、ショウガ入りのドリンクやデザートなどで補うんです。
街で上海ガニを買う時も、大きなショウガを付けてくれるんですよ。


秋から冬が旬の上海ガニ


また、ローカルレストランや一般家庭では生野菜はほとんど食べることがありません。野菜の成分に関係なく、生野菜、特に夏野菜は体を冷やすものとして冬は避けられがちです。火を通すか、体を温める蓮根やゴボウなどの根菜類を意識して摂るといいですね。


次ページ:ヘルシーラムであたたかく!

SCROLL