大人気のフラワーボックスを手作り!ニコライ バーグマンのフラワーレッスン体験レポート | キャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア - CA Media

3000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア

大人気のフラワーボックスを手作り!ニコライ バーグマンのフラワーレッスン体験レポート

Pinky

CAの間でも人気の高いニコライ バーグマンのフラワーボックス 。なんとニコライ バーグマンのフラワースクールでは、そのフラワーボックスを自分で作ることができるのです!今回はフラワーアレンジメント初心者の現役CAライターの私が、世界に1つだけのフラワーボックス作りを体験!その魅力と感想をレポートします。

あのニコライ バーグマンのフラワーボックスが自分で作れる!

CAの間でも人気の高いニコライ バーグマンのフラワーボックス。

プレゼントとして贈ったり、贈られたりした経験がある方も多いのではないでしょうか。


そんなニコライ バーグマンの代名詞でもあるフラワーボックスを、なんとニコライ バーグマンのフラワースクール「Nicolai Bergmann International School of Floristry」のレッスンを受けて自分で作ることが出来るのです!


もともとお花が大好きで、「お花に囲まれた生活をしてみたい」と思いつつも、現役CAとしてフライトをしていると家を空けることが多いため生花を置くことはなかなか難しい面がありました。


その点、プリザーブドフラワーを使ったフラワーボックスは、約3年間ほど美しい状態を保つことができるということなので、CAにもぴったり!


今回は新型コロナウィルスの影響でフライトが減り、新たなことに挑戦したいと思っている現役CAライターPinkyがプリザーブドフラワーを使ったフラワーボックス作りを体験してきましたので、その魅力をレポートいたします。



ニコライ バーグマンのフラワースクール「Nicolai Bergmann International School of Floristry」とは?


Nicolai Bergmann International School of Floristryは、初心者からプロのフラワーアーティストを目指す方まで、すべてのレベルの方を対象とした、フレッシュフラワーとプリザーブドフラワーのフラワーデザイン、アレンジメントの幅広いコースやワークショップを提供しているスクールです。


レッスンはニコライ バーグマン自身、または彼のもとで長年学び、そのデザインを受け継いだシニアトレーナーによって行われます。


場所は、南青山にあるニコライ バーグマンのカフェ「Nicolai Bergmann Nomu(ニコライバーグマン ノム)」の2階。

レッスンを受ける前後でカフェでゆったり楽しみお花に囲まれてリラックスすることもできます。


また、レッスンに必要なお花や道具は全て用意されているため、仕事帰りや予定の合間にも通いやすいのも魅力です。

入会金もなく、すべて単発で申し込めるレッスンなので、定期的に通うのが難しいCAにもピッタリです。



プリザーブドフラワーのミニフラワーボックス作りを体験!


今回は、初心者(beginner)クラスのプリザーブドフラワーの単発レッスンに参加しました。


季節によって使用するお花や色味が変わり、今回は冬にふさわしい落ち着いたピンクやパープルといった季節感を感じさせる花々でした。


今回使用した6種類のお花
・ローズ ミミ(スイートライラック)

・ローズビビアン(ラベンダー)

・ミニカーネーション(パウダーライラック)
・ミニカーネーション(ラベンダー)

・あじさい(すみれパープル)

・あじさい(オレガノパープル)




レッスンを受ける前には、コーヒー・紅茶・お水やデンマークのオーガニックチョコレートブランド「サマーバード オーガニック」のチョコレートも用意されています。

そのため、受ける前にホッと一息ついて気持ちを落ち着かせてレッスンに臨むことができました。





レッスンではまず最初に、先生がお手本として実際に目の前でフラワーボックスの作り方を一つ一つ説明してくださります。


お花のことだけでなく、ニコライ・バーグマンさんの思いやフラワーボックスが生まれた秘話、なぜこの色で形のフラワーボックスにしたのかなどのストーリーも聞くことができ、より一層作る楽しみが増しました。


  

世界に1つだけのフラワーボックスが完成!


一通りのの説明が終わると、自分の席に戻りいよいよ作成スタート!


とても不器用な私はなかなか思うように作ることが出来ず最初は難しいと感じましたが、先生やアシスタントの方が常にクラスを見て回ってくださっていて、戸惑っていると声をかけアドバイスをくださいました。


少し慣れてくるとどんどん自分の世界に入ることができ、お花と自分だけの空間でリラックスして楽しんでいました。




ワイヤリング(プリザーブドフラワーには長い茎がないのでワイヤーで茎を作る技法のこと)という工程を終えて、次はお花をボックスに入れていきます。


ある程度綺麗に見える配置を教えてくださりますが、色味の並べ方や見せ方は自分次第!


世界に一つだけのお気に入りのフラワーボックスを作ることができます!


次のページ:完成したフラワーボックスは美しく包装!ギフトにも最適

SCROLL