到着後の肌で違いを実感!長時間フライトでのCAおすすめ3ステップ乾燥対策 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

到着後の肌で違いを実感!長時間フライトでのCAおすすめ3ステップ乾燥対策 1/2

飛行機での移動の心配事と言えば、機内の乾燥を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?今回は元CAの筆者がおすすめする、簡単だけど効果抜群の3ステップ乾燥対策をご紹介します。到着後の肌と髪に違いが実感できるはず!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5720.jpg
到着後の肌で違いを実感!長時間フライトでのCAおすすめ3ステップ乾燥対策

オイリー肌の私でも悩まされた機内の乾燥


私は思春期にはニキビに悩まされたオイリー肌。乾燥とは無縁の肌質でむしろ少しぐらい乾燥している気候の方が肌の調子が良かったほどです。

そんな私でもいよいよ危険と対策をし始めたのは、砂漠状態の機内で働き始めたから。今まで何もしてこなかった人が急に始めるのは本当に億劫ですよね。

今回はそんなズボラな私でも実践できる、3ステップで手間なし簡単な乾燥対策をご紹介します。


ステップ1 外から予防

まずは外から乾燥を予防していきましょう。

機内ではメイクはオフが基本。どうしても搭乗前に落とせない場合は、ふき取りタイプのメイク落としを使って搭乗してから落とすようにしましょう。

その後は化粧水をこまめに塗り、こってりとした濃厚なクリームで肌をガード。さらにその上からマスクをすれば、自身の呼気で乾燥を防ぐことが出来ます。

化粧水代わりにパックをするのもおすすめ。多少見た目が気になるところですが、リッチなシートマスクの効果は抜群です。

ポイントは一回きりではなく、何度も塗りなおすこと。化粧水の上からクリームでふたをすることです。化粧水だけを使用した状態で放置すると、肌の水分がどんどん蒸発していき、乾燥を招く原因となってしまいます。



ステップ2 中から予防

続いては体の中から予防する方法です。

まず搭乗前に美容ドリンクを飲み機内の乾燥に備えます。そしてフライト中はこまめに水分補給を行ってください。

CAは接客の合間に、びっくりするくらい水分を取ります。一度に何リットルも飲むわけではなく、時間をあけて何回も飲むのがポイントです。

よくアルコールやお茶を飲んでいるから大丈夫という人がいますが、できれば水またはスポーツドリンクが望ましいです。

「トイレに行くのが嫌だから」と水分を控える人もいますが、乾燥対策だけでなくむくみ予防の面からも水分補給は重要です。

合わせて1時間に1度は体を動かし、簡単なストレッチやマッサージを行ってくださいね。


次のページ:意外と盲点!機内でボサ髪を防ぐヘアケア法とは