夏こそ意識したい!お肌と身体の為に今日からできる美容・健康法 (2/2ページ) | キャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア - CA Media

3000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア

夏こそ意識したい!お肌と身体の為に今日からできる美容・健康法 (2/2ページ)

神原李奈

どんな季節も健康に美しくいたいですよね。今回は、特に夏の今だからこそ気をつけたいポイントをご紹介致します。

体を冷やさない

夏なのに冷え対策!?と思うかもしれませんが、夏こそ体が冷えやすい季節。

エアコンが効いた室内で一日中過ごしたり、冷たい飲み物ばかり飲んでいたりしませんか?

「冷えは万病のもと」と言われるように、美容だけでなく、健康にも良くありません。

外出先では、体温調節をする為に薄手のカーディガンなど羽織りものを持ち歩くことをオススメします。

体を冷やす食べ物・飲み物を控える

キンキンに冷えたジュースや、かき氷・アイスクリームなどを食べたくなるのが夏!

確かに暑い夏にはどれも魅力的ですが、体にとっては負担となってしまうことも。

もちろんたまに楽しむ分には構いませんが、少し頻度を減らしてみましょう。


また、夏が旬だったり、原産地が南国の食べ物は、体を冷やす効果があります。

とても理にかなっていますよね。

ですから、このような食べ物も摂りすぎないことが大切です。

体を温める食べ物と上手に組み合わせて食事をすると良いでしょう

お風呂で血の巡りUP!

夜は面倒でもシャワーだけでなく、湯船にもしっかりと浸かって、血行を良くすることも重要です。


冷房で冷えきったた体を毎晩のお風呂で温めて、ほぐしてあげましょう。

たくさん汗をかけば、美肌にも繋がりますよ。

水分補給のポイント



飲み物の温度は、5~15℃が最適です。


冷たすぎるものは体を冷やし、代謝が下がってしまいます。

飲むタイミングは、喉が渇いてからではなく、こまめに飲むこと。

外で汗をたくさんかいたり、運動をする場合は、塩分や糖分の含まれたスポーツドリンクや経口補水液などを飲むことで、水分補給だけでなく体液の濃度も保てるのでオススメです。

日頃のケアが美に繋がる

いかがでしたか?

美と健康に気をつけながら、残りの夏も楽しみましょう!

SCROLL