お仕事にも私生活にも役立つCA流処世術 2/2 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

お仕事にも私生活にも役立つCA流処世術 2/2

キャビンアテンダント(CA・客室乗務員)という職業は機内での接客はもちろん、チームでフライトをするためチームワークがとても大切です。ここでは人間関係がグッと楽になるCA流処世術を伝授します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
36.jpg
お仕事にも私生活にも役立つCA流処世術

お礼と報告で差をつける


「教えてください!」と頼ってくる後輩は可愛いですが、ただ頼りっぱなしではダメです。


たった数分だとしても上司も貴重な時間を割いて教えてくれているわけですからその後のお礼と報告を忘れてはいけません。お礼と言っても何かプレゼントを用意したりなどする必要はありません。「この間教えていただいた方法で資料作成したらプレゼンうまくいきました!」「この間教えていただいたレシピ作ってみたら美味しいと褒められました!」など、実践した結果うまくいったら必ず報告してお礼を伝えましょう。上司自身の自信にもなりますし、誠実な印象を与えることができるので「また何か良い情報があったら教えてあげよう!」と思ってもらうこともできます。


逆の立場で想像したらそうゆう後輩は可愛がってあげたくなりますよね。このお礼と報告で大きな差をつけることができます。


人間関係がスムーズになる魔法のことば


同じことを言われてもすごく気持ちの良い人と、なぜか嫌な気分になる人がいますよね。


お仕事にも私生活にも役立つCA流処世術


自分の意見や要望はしっかり伝えつつも、「感じのいい人」と思われる人には秘密があります。それは「枕詞」の使い方が上手いということ。枕詞とは「お手数おかけいたしますが」、「恐れ入りますが」、「お忙しいところ恐縮ですが」など、要望や意見を伝える際にワンクッション添える言葉です。


ただ「~してください」と言われるよりも「お手数おかけいたしますが~していただけますか」と言われた方が気持ちが良いと思いませんか。


しかし頭では分かっていても実際に使えている人は意外にも少ないものです。特に忙しいときや余裕のない時は単刀直入にぶつけてしまいがちです。また、メールなどでは使えていても会話になると使えない人もいます。枕詞は人間関係の最高の潤滑油。相手も自分も気持ちよくなる魔法のことばです。今日からぜひ枕詞を意識してみてください。


怒られた時ほど評価が上がるチャンス!