マネジメント側こそ意識!チームに対するコミュニケーション術 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

マネジメント側こそ意識!チームに対するコミュニケーション術 1/2

CAは毎回のフライトで違うメンバーと乗務しなければならず、同じメンバーで常にフライトをすることはありません。「はじめまして!」のメンバーと、チーム力を発揮しながらお客様に喜んでいただくサービスをするために、CAたちが心がけていることをお伝えします!今回はチームのイニシアチブを取る人向けのマネジメント編。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
6816.jpg
マネジメント側こそ意識!チームに対するコミュニケーション術

CAは仕事のたびに「はじめまして」を言う仕事なんです!

私が在籍していたJALは、5000人規模のCAが在籍しています。

大半は女性ですが、年齢も出身地もバラバラ。

そのうえ、海外にもベースがあるので、国籍が違うクルーとも一緒にフライトをすることは日常茶飯事です。

そんな大きな分母から、一緒にフライトするメンバーは4人から多くても15人ほど。

毎回顔ぶれが異なるメンバーでフライトしていて、全員同じメンバーでフライトすることは起こらない、まさに「一期一会」の環境で仕事をしています。

そんな環境で、お客さまを安全に、快適に目的地にお連れすることが最大のミッションであるCAが、チーム力を発揮するために心がけているコミュニケーション法。

きっとチームで仕事をする人どなたにもあてはまるのではないでしょうか。

今回は、指示を出すときにCAたちが心がけている「ちょっとしたコツ」について、ご紹介したいと思います。 




あたりまえはあたりまえじゃない

「同じ物事を一緒に見て経験しているのだから、共通認識を持っているだろう」と思っている方、意外と多いと思います。

私もそうでした!

いまだにそう思い込んで、後輩や部下に接してしまうこともあります。


同じものを見ても受け止め方は違います!

チームに対するコミュニケーションを取るとき、あるいは指示出しのポイントは、99%がここにあるといっても過言ではありません。

そこで、CAたちが主に心掛けている3つのポイントをご紹介いたします。




ポイント1:ひとこと多く声に出す

「これ、どうなってますか?」と聞いてしまうと、責めているような口調になってしまいがちですが、本来の目的は進捗状況の確認ですよね?

「細かいかもしれないけれど、確認させてもらえますか?」と前置きすれば、お互いスムーズに目的を達成しやすくなります。

そして、急いでいる時こそ、クッション言葉として「忙しいところ申し訳ないですが」「今話しかけてもいい?」など言葉をひとつ重ねると、コミュニケーションが柔らかくなりますよ。

いつも挨拶する声が大きくて素敵だな、笑顔がいいな、言葉遣いが丁寧だな......など、相手のいいところを見つけたら、ポジティブな言葉ですから、積極的に言葉に出してくださいね。

初めのうちは照れるかもしれませんが、いいところを積極的にほめあう、「ほめる達人」になりましょう!

ほめられて嫌な気分になる人はいないもの。

お互いを認め合うチームビルディングの基本にもなります。



次のページ:ついつい怒りたくなる時。どういうコミュニケーションが良い?