憧れのパリ!楽しく満喫するために気をつけたい5つのこと 2/2 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

憧れのパリ!楽しく満喫するために気をつけたい5つのこと 2/2

華のパリといえば、オシャレなカフェ、ショッピング、優雅なフレンチなどなど、憧れの旅先でもありますよね。
でも、油断していると意外と危ないことも多いんです。今回は、スリにあわないように、パリ旅行を最初から最後まで思い切り楽しむために過ごし方で気をつけたいポイントをお伝えします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4471.jpg
憧れのパリ!楽しく満喫するために気をつけたい5つのこと

お財布は店内でしまう

お財布は店内でしまう

日本ではよく、買い物をしてお釣りをしまいながら、財布を手にしてお店を出てくる人を見かけますよね。

パリでは必ず、お店の中でカバンにしまってから、外にでるようにしましょう。

財布をしまったら、カバンのチャックを閉めるのも忘れずに。

路上でイヤホンで音楽は聞かない

路上でイヤホンで音楽は聞かない


旅行中なら音楽を聴くことは少ないかもしれませんが、これもパリでは常識です。

イヤホンで耳をふさいでしまうと、外の音が聞こえません。人通りの少ない場所に、こっそりついてこられて・・なんて話もあります。

スリ対策だけではなく、街中で「ボンジュール!」と声をかけてくれるパリジャン・パリジェンヌもいっぱいいるので、その素敵な瞬間を逃さないためにも、ぜひ耳はオープンにしておきましょう。

いつも毅然とした態度でいる

スリが狙うのは、簡単に取れそうな隙のある人、そして、例え見つかっても強く反発しなそうな人です。

そのため、背筋を伸ばして颯爽と歩く姿や、周りの様子をしっかりと見回す姿も、スリを寄せ付けないために役立ちます。

パリでの危険情報として有名ですが、街中でジプシーの子供たちに囲まれ、何か言われている間に貴重品を取られるという話もよく聞きます。そんな時も、子供たちに対してもはっきりと「NO」と言えるように。

言葉が分からない、目的が分からないものには笑顔で「NO」と言えば大丈夫。

厳しく辛く当たるのではなく、毅然と対応しましょう。

そんなにスリが多いの?と不安になった方は、ご安心ください。

フランスは、決して危険な国ではありません。

ちゃんと気をつけていれば、スリやだましの被害にあうことはほとんどないんです。

安全に旅ができるかはあなた次第。

せっかくの憧れのパリ旅行、この5つのポイントを押さえて、思い切り満喫しましょう!