憧れのパリ!楽しく満喫するために気をつけたい5つのこと | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

憧れのパリ!楽しく満喫するために気をつけたい5つのこと 1/2

華のパリといえば、オシャレなカフェ、ショッピング、優雅なフレンチなどなど、憧れの旅先でもありますよね。
でも、油断していると意外と危ないことも多いんです。今回は、スリにあわないように、パリ旅行を最初から最後まで思い切り楽しむために過ごし方で気をつけたいポイントをお伝えします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4471.jpg
憧れのパリ!楽しく満喫するために気をつけたい5つのこと

フランスのパリは、歴史も文化も深い素敵な都市です。

フランスのパリは、歴史も文化も深い素敵な都市

でも、実は移民が多くて貧富の差も大きい国。

安全に慣れきっていて裕福な日本人は、スリやだましの被害に遭いやすいんです。

パリに住んで旅行代理店に勤めていたころ、毎日必ずスリにあった日本人のお客様が来店されていました。

被害にあったという現役CAの同期もたくさんいます。

お金や大切なものを取られたらショックだし、やりたかったことも出来ないかも。

パスポートをとられたら、旅程を大幅に変更して再発行しなければいけません。

でも必要以上に恐れることはありません。

ちゃんとポイントを押さえれば危険な目にあるリスクをグンと減らすことができるのです。

今回は、スリに遭わないために、小さいけれどとても大切なポイントを5つご紹介します。

カフェでスマホをテーブルに置かない


カフェでスマホをテーブルに置かない

日本人に一番被害が多いのが、これです。

日本では当たり前のように、お友達とのおしゃべりの間もスマホをテーブルに置きますが、パリのスリはそれを見逃しません。

陽気のいい日には、パリではテラスでカフェを飲みたくなりますよね。驚くべき身のこなしで、通りすがりにサッと取っていきます。気付かないうちになくなっていることも。

特にiPhoneは標的になりやすいので、注意です。

大切なスマホは、使ったら毎回カバンにしまいましょう。

チャックのないバッグは持っていかない

チャックのないバッグは持っていかない

オシャレな街だから、お気に入りのバッグを持っていきたい・・!分かります。

でも、写真を撮ったり地図を見たり、意識がいろんな方向にむいてしまう旅行中は、チャック付きが鉄則です。

満員電車でも、チャックの端っこをちょっと握りしめているだけでも、スリにあう確率はグッと下がります。

男の人は、ポケットに大切なものを入れるのも、なるべくやめましょう。

次のページ:まだある!日本人がよくやってしまいがちな危険な行動