CAが教えるエレガントに見えるワインの飲み方 3ステップ【前編】 2/3 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

CAが教えるエレガントに見えるワインの飲み方 3ステップ【前編】 2/3

ワインを飲む時に何か気を付けていることはありますか?家族や気の知れた仲間とお酒を飲む時はあまり気にかける必要はないかもしれません。しかし、パーティー、接待、デートなどの大切な場面で失敗したくないですよね。少しの心掛けでワインを飲む姿はとてもエレガントに見えます。今回は前編として、客室乗務員(キャビンアテンダント・CA)も実践するエレガントに見えるワインの飲み方の3ステップをお伝えします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
342.jpg
CAが教えるエレガントに見えるワインの飲み方 3ステップ【前編】

何故赤系の口紅かというと、、、


一つ目は客出乗務員(キャビンアテンダント・CA)が明るい色の口紅をしているのと同じ。CAは長時間のフライトや暗い機内でも、溌剌とした表情をキープし、健康的に見せる為に赤い口紅を塗っています。


お酒を飲むのは大概暗くなってからです。特にバーなどの雰囲気の良いお店は照明が暗いこともあります。そのような時、口元が明るいと華やかな表情になり「きちんと感」が出ます。


更に、赤系の口紅を選ぶ、もう一つの大きな理由は赤ワイン対策。


食事を済ませた後、お化粧室に行ったら唇が紫色になっていたことはありませんか?特に大切な人と一緒の時は、避けたいですよね。


赤い口紅によって、それが目立ちにくくなるのです!


また、予防策としては、こまめにナフキンで口を拭く事は勿論、飲む時にワイングラスを傾けすぎない事。なるべくワインが唇に当たる面積を最小限にするように心掛けましょう。


傾ければ傾けるほど、唇だけではなく、口の周りまで紫に!食事が終わる頃には口避け女のようになってしまいます!


赤系の口紅を選ぶ理由は客室乗務員(CA・キャビンアテンダント)と同じ。もう一つの理由は赤ワイン対策。


ポイント2:飲み口は一カ所に


飲んだ後にグラスに付いた口紅を指で拭っても、やはり少し口紅が残ってしまいますよね。

汚れを最小限にする為に、飲み口はなるべく一カ所に決めるようにしましょう。色々な場所から飲むと、それだけグラスの飲み口も汚れてしまいます。


次ページ:ポイント3 指先にまで神経を